夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛭ヶ岳とビッグな富士山

<<   作成日時 : 2013/05/19 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


山頂からみた富士山は一段と近くに見えました


久しぶりのハイキングクラブ山行に参加して、丹沢の蛭ヶ岳に行って来ました。遠いのと登山口へマイクロバスが入らない為
市役所を午前4時に出発でした。総勢20名の登山です。

蛭ヶ岳には1泊以上しないと行けない山らしいのですが、唯一行けるコースをクラブのリーダーが選択してくれました。
通行止めの長い林道の終点に登山口が有りました、急登と長距離は分かってましたが、みなさん元気に(平気)登って行きます。
付いていくのが大変です、角度が緩んでやっと稜線の分岐に着きました、稜線歩きはあくびが出るくらい楽な気持ち良い歩きです。
1本ミツバツツジがありましたがその1本だけでした、それでも行きも帰りも目を慰めてくれました。


やがて先が明るくなって開けた所に出ると、先の人が皆オオーと大声を発します、急いで行ってみると私も思わずオオーっと叫んで
しまいました。人は感激するとこういうふうに叫ぶんですねー、そうです、そこには大きな大きな真っ白な富士山が有りました。
しばし光景に見とれて、やっと我に戻ります、先の小高い山はもっといいよと教えてもらい、行ってみると前に遮るものがない富士山です
記念写真を撮って少し休みます。 そこは姫次と言う所で もう半分以上歩いて来ました。



急登を登る仲間 何て強いだろう フーフーハーハー 何とか着いて登ります。




小高い所から富士山をバックに写真を撮ってもらいました    姫次で



左手を見ると 遥か向こうにこれから行く 蛭ヶ岳が見えました、かすかに山小屋も見えました。




長い階段を休み休み登った蛭ヶ岳山頂には 一段と近い富士山と桜の花が咲き残っていました。強い日差しをさけて昼食を桜の下で食べて
お腹いっぱい、気分最高に山頂を楽しんで下山開始です。
アセビの花がむせるような匂いの満開の所をくぐりながら進む所も有りました。



下山時に1株だけ見えたコザクラ 貴重な花でした。

楽な気持ちのいい稜線歩きの後、下りの分岐 これからは しんどい急坂の下りに緊張します、1時間あまりやっと登山口に
着いて安心しました。


帰りの急坂



姫次からはずっと この富士山が見守ってくれていました。これほどの富士山が見れて幸せでした。
今日に(翌日)なって足が痛いです、3万歩なので歩数以上に足が痛いです、うれしい痛さではありますが・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は。
20名ですとかなり賑やかなようですね。
ここは若い頃に登った事がありますが、
もうすっかり忘れて居ました。姫次の画像を
見て少し想い出が蘇りました、青春時代の
懐かしい想い出での所です。
インレッド
URL
2013/05/21 09:53
一泊で行くお山を日帰りとは大変そうです。
急登、とってもキツそうですね〜
ハイキングクラブの人たちはタフみたいですね。

それにしても、見事な富士山ですね〜
夢さん、本当に楽しそうですね〜(=^_^=)

レモンベリー
URL
2013/05/21 20:00
インレッドさん こんばんわ
確か近くに住んでいたことが有りましたですよね、姫次に出た瞬間はみんなオーっと声が出ますね。
東名で見る富士山も大きくてすごいですが、山で近くに見える富士山は格別な感じがします。20名は静かな山ならいいですが混むところは班を分けて歩きます。
夢創歩
URL
2013/05/21 22:13
レモンベリーさん こんばんわ
なかなか会に参加出来なくて、今年3度目です、念願の丹沢へヒルにも合わずに行って来られました。
本当に会の人はみんなすごいです、皆んな平気な顔しているので不思議な位です。富士山はやっぱり見るのがイイですねー(*^_^*)(*^_^*)
今度は25日に同級生3人で黒檜山へ26日会で釈迦ヶ岳へ行く予定です。
夢創歩
URL
2013/05/21 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蛭ヶ岳とビッグな富士山 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる