夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏妙義山(国民宿舎から)

<<   作成日時 : 2013/06/09 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


丁須の頭

裏妙義縦走国民宿舎から
地元でありながら、その恐さゆえ敬遠してきた妙義山ですが、いつかは歩かなくてはと思ってました。表妙義より少しだけ安全だろう?裏妙義に挑戦して来ました。
今回はソロです、それだけに緊張感もひとしおです、以前見た記録で熊が谷にいた事もあるようなので熊避け鈴を鳴らして歩きます。最初はなだらかな山道ですが沢を登る段になって徐々に角度と歩きにくさ、鎖が出現します。熱さを感じ衣料調節し腕をまくったら何と、ナント腕に黒いものがアレと腕を振ったら落ちたがかなりの大きさのヒルだった。登山届の箱の上にヒルに注意と書いてあったが
まさかここにいるとは、ヒルに初めて食われました。それから中々血が止まらず、袖をまくるどころか手袋で入らないように足元もゴムで締めて入らないようにと山以外の神経を使いました。

登山届は昨夜県警にネットで提出しておいたのですが、ヒルは想定外でした。絆創膏も今日は持っていません、いつも持つべきと思いました。鬱蒼とした沢をずっと登りつめて行くと上の方の空が明るく見えて来ました、やっとコルに着くようです、国民宿舎から2時間です。ヒルのこともあるし暗い山中でほとんど休みませんでした。籠沢のコルで少しだけ水分補給休憩。ここから僅かで丁須の頭のはずです、鎖がトラバスース気味に上にと続き、広い上に出たと思ったらそこが丁須の頭の元部でした、表妙義が近くに見えます、さらに1段鎖で登ると一段と見晴らしがよく見えます。怖くて余り先の方まで行けません。さらに上の頭の部分に鎖が有りますが、今回は自重して最後の部分は登りませんでした。ザックも降ろさず写真を撮って、下り三方境をめざします。

何度目かの鎖で真下に降りるチムニーに出ました、下を覗くもよく見えませんが慎重に下りました。
最後の所はちょっとですがオーパーハングしていました、写真を降りたところから撮ったけど全然怖そうに見えませんがここが一番の難所と感じました。鎖の所は全部写真に撮りましたが何カ所だったか覚えきれません、24箇所あったようです、丁須の頭の所は同じところを2度通ってるので26回鎖を通過したようです。なるべく鎖以外のホールドを持ったので腕の疲れは感じませんでした。

赤岩も烏帽子岩も下辺を通るので怖くは有りませんでした。見晴らしの良さそうな岩があったので上に登って丁須の頭は赤岩の写真を撮りましたがかなり遠くなってました、どうも風穴の頭と言う場所辺の様でした、岩の上で休みましたが怖くて立てませんでした、ザックも落とさないようにいつも持ってました。ここから僅かで三方境です。もう鎖も有りませんので気を楽にして昼食です。

ここからインレッドさんの好きな女道を秋の紅葉の為に通ってみようと思います。少し谷急山方面に行くと下へ降りた跡が有りました、そこに小さな看板があり女と読めます。ですがここが女道なのか信用出来るものは有りません、もう少し先に行ってみるべきかどうか迷いましたが、考えて見ると最初に下る道は女道以外無い事に気がつき、ここを降りる事にしました。

人が余り通っていないので時々踏み跡が消えます、その度にグルグル周りを見て当たりを付け進むと赤い印が有ります、何度か立ち止まって確かめ確かめ下ると沢になりました、ここを何度か渡り返して下ると地図に書いてあったので、慎重に見渡しながら進みます。沢の渡歩が一番分かりにくかったです、右手の尾根に上がってやっと安心しました。まったく人間の女と同じで????扱いにくい道でした。鎖とちがった怖さの道でした、登山口まで降りてやっと安堵した山行でした。
道を確認の為に歩いたので景色を楽しむ余裕が無かったが、秋の景色が今から楽しみです。





こんなきれいな 花も有りました


ちょっと怖そうなトラバースだが ここは安全です


晩秋にすごい紅葉になる所


写真はヤマレコを見て下さい ↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-308357.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
丁須から三方境までは結構スリルがありますね。
女道のペンキ印は私が付けました。ここは踏み跡
も薄く、迷う方が結構います。昨年も私が行った後
地元の年配の方が行きましたが、道に迷い夜中まで
歩いてやっと林道に出たようです。
群馬の道は男道より女道がお国柄大変なようです。
インレッド
URL
2013/06/11 19:38
インレッドさん こんばんわ
赤ペンキが無かったら無理でしたね、有難うございます。
沢の所が一番分かりにくい感じでした、それにしても誰が名付けたか女道ですね、解りにくい女心。でもそこは素晴らしい所??(*^_^*)(*^_^*)

鎖場の1番難所はチムニーでした、もっとも丁須の頭の最後は降りてきた時に右に移るのが大変そうですね、やめて良かったです。
夢創歩
URL
2013/06/11 21:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
裏妙義山(国民宿舎から) 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる