夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓼科山

<<   作成日時 : 2013/06/17 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


双子山と青空


佐久の山友のaonumaさんにとびきりの蓼科山を案内して貰いました。去年のお正月浅間隠山で会って、その時以来の二人だけの山旅です。
浅間の前掛山への予定でしたが、余りに天気が心配で雷が来ても雨でも楽しめる蓼科山を選んでくれました。
蓼科山は以前から1度は行きたいと思ってましたが 今回は大河原から前掛山、将軍平、蓼科山、将軍平、天祥寺原、亀甲池、双子池、双子山、大河原と知っていなければまず行けない所を案内して貰いました。





将軍平から蓼科山まで、圧倒的な大きな岩、急登に気が滅入るが30分で山頂に着きます。ちなみに佐久では小学生が旅行でこの道を訪れるそうです。天気は余り良くないけど人がどんどん登っていました。

広い岩だらけの山頂にはイワカガミがこんなに咲いて良いかと思えるほど一杯咲いてます、雲の中に入っているようで時々パーっと青空が出ますがすぐまたガスが覆い隠します。待ってもしばらく晴れそうも無いので下山します。

将軍平から池と苔をaonumaさん(佐久の山友)が案内してくれました、大河原峠からの最初の登山道は前日の大雨の影響か川状態でした、普段でも土が流れてしまって石だらけの道なのですが、今日はそこに雨水がどんどん流れて、石の上を歩きます、幸い苔が無いので滑らないので助かりますが、最初ピッチが少しオーバーになって息が上がってしまいました、私が先に歩く段になって調子が出た頃前掛山の佐久の最高点に着きました。そこから僅かで将軍平の小屋が有りました。




山頂にはイワカガミが何処を見ても有ります



下りでも厳しい岩の登山道でaonumaさんは慣れたものです、私はおっかなびっくりで歩きます。

将軍平から天祥寺原方面へ下ります、この道は沢歩きになりました。



しらびその中を川が流れます、



時々川の水が増えて藪を漕いで進みます



天祥寺原は湿原でミニ尾瀬の様ですが、人が全くいないので、静かで鳥の声しか聞こえません。



亀甲池に着きました、水の色が何ともきれいです。



苔の登山道









苔の道






双子池に山の木々が映ります、秋に訪れたい、雌池、雄池。


雄池の水を汲んでコーヒを沸かして、静かな双子池の空気を楽しみました、近くにキャンプ地もあります、こういう静かなキャンプ地も経験してみたい(まだ一度もキャンプ経験が有りません)




双子池から双子山へ最後の登りで汗をかくと坂が緩んで前が明るくなってきましたら、何とも豪華な山頂が有りました


最初に登った前掛山と蓼科山、陽が傾いて逆光にやってます。




広い静かな双子山の山頂からは西上州の山々、佐久の町並みが見えます。



ミツバオーレンが話しかけてくれるようです、何って言ってるの?


 
ミツバオーレンの群生地と


ショウジョウバカマを愛でて 今日の山行の終わりです。山友のおかげで豪華な一日を過ごしました


最後まで見て頂き 有難うございました。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
このコースは逆回りで何度か登っています。
山頂はガスでしたか??。 私はやはり
女神茶屋からの登りの方が展望があって好きです。
インレッド
URL
2013/06/19 18:59
インレッドさん こんばんわ
ありがとうございます。
逆コースで歩いてられるんですか、中々いい所ですね、人が少なく静かなのが一番でした。双子山の山頂は良いですねー、蓼科山はガスっていて、ほとんど見えませんでした。北横岳へ2月に行った時女神茶屋の駐車場が一杯でした。浅間の前掛山は思っても中々行けてません。
夢創歩
URL
2013/06/19 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蓼科山 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる