夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 苗場山小赤沢口

<<   作成日時 : 2013/08/06 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


苗場山山頂の池塘 苗間のようです。



登山途中にあった 大きな木 青空だった

やっと念願の苗場山へ登ってきました、苗場はスキー場で有名ですが、苗場スキー場の山は筍山と言います、カグラスキー場から上がった所に苗場山は有ります。
今回は長野県の栄村から登りました。ハイキングクラブで一月前に登った山行記録があったので参考になりました、ぬかるんだ登山道は同じようです。

三合目の駐車場を出発して、1合を約30分で進みます、山友は膝を心配していたけど大丈夫ですね、さすが経験が違います。六合目からは急登です、鎖が時々ありますが、要らないような感じですが、鎖がない 赤い石は濡れていかにも滑りそう、帰りは危ないとチェックする場所が2箇所有りました。

最初は青空も見えていたのですが、山頂に近づくにつれて少しづつ曇ってきました、虫は意外といないので助かりましたが、何が一番虫に効き目があるのか実験できなかったのが幸いと言うか残念と言うか迷うところです。

上が近づいて空が大きくなります、期待に足が早くなると、広ーい山頂に出ました。あれ でもまだ九合目が無いぞ、山小屋で泊まった人が休んでいます、昨夜は満天の星空とご来光も見事に見られたそうですが昼間は雨が降ったそうです。木道を通ってされに進むと九合目の道標がありました。


山友が以前来た時はガスで何も見えなかったそうですが、曇ってきたけど山頂の景色は満喫できます。朝の山頂は何とも気持ちがいいです。

山頂の様子が昔と違うと言ってましたが、調べて見たら以前あった山小屋(游仙閣)は片付けられて、そこに三角点が設置されたそうです、道標には游仙閣の文字がそのまま残ってました。

下のデッキに腰を下ろしてコーヒーを飲み始めたら、向こうに座った人がビールを開けた、そうだビールを持っていたのだ、あわてて乾杯しました。

時間がたっぷりあって、もしかすれば晴れるかもしれないと1時間半程山頂にいたようですがガスが濃くなったり、薄くなったり、諦めて下山します。

途中赤倉山方面に少し行った苗場神社に寄りました、その下にまた違って広い池塘が有りました、今ウォッちずを見ると赤倉山の近くまで池塘があるようで、今度はこの辺まで来てみたいです。

雨に打たれた下山になりましたが、念願の苗場山にに登れ満足な1日でした。




坪場に着いた 登山口から2時間半


木道が始まりました


可愛い花も有ります


九合目から少し石の登山道ですが 歩き難い道です、そこにゴゼンタチバナがいっぱい


いよいよ山頂の池塘の始まり ずっとずっと続いています。


どこまでも続く平原です、苗場の由来となった 苗が生えているような光景がいくつも


山頂にあったニッコウキスゲ ここに以前游仙閣と言う山小屋があったそうです。


晴れ間を期待して待ったのですがどうも晴れそうに有りません、下山します。


一瞬の晴れ間に輝いた草花

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
ここは小赤沢からが楽ですが、花々は表の和田小屋
方面からの方が多いと思います。神楽峰からは
フラワーロードになると思いますよ。
この冬にはスキーを担いで登り、冬景色を楽しみながら
帰りは滑って降りようと思っています。
インレッド
URL
2013/08/08 20:34
インレッドさん こんばんわ
本当に小赤沢は楽ですが花が全然無かったですね、まあ池塘と広い平原の山頂を見られた事が良かったです。今度は和田小屋から登ってみたいです。
田代の方のゲレンデに抜けられるらしいですね。
夢創歩
URL
2013/08/09 21:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
苗場山小赤沢口 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる