夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤岳再挑戦

<<   作成日時 : 2013/09/25 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先々週、佐久の山友と杣添尾根から赤岳を目指しましたが、天候や時間、足の疲れもあり横岳奥の院のみで下山しました。
赤岳登山は1年以上前からの念願であり何としても早い時期に登って置きたいと、天候の良さそうな土曜日に
足の膝を心配する所沢の山友と一緒に登って来ました。

前回の失敗から早い時間の出発5時はまだ暗い中でした、膝を気遣う山友も何とか大丈夫そうです。
小刻みに休みを入れ、登ること3時間の8時ころ前回同行してくれた佐久の山友に電話してみると、何と赤岳を目指して今
県界尾根登山口にいると、こちらは足が遅いのでもしかすれば赤岳で会えるかも知れないと。



登山口に入ります


歩き始めて 時間 中間点まで来ました


前回転んで危な方所を改めて見てみると、よくぞ大事至らなくて良かったと思えるような所でした、少しの楽を考えず
安全第一で登らなくてはと思いました。なかなか近づかない山頂(三又峰)がやっと見えるようになりました。


山頂直下のハイマツ帯に出たら 大きな富士山が見えます


目指す三又峰が急坂です


4時間20分 やっと三又峰に着きました

三又峰から見る赤岳はドカーンと大きく前に居座っています、途中浅間や荒船山が確認できましたが、稜線に出たら北アルプスが
全部見えています、乗鞍、御獄山も大きく見えます、写真を撮っていると時間があっと言う間に過ぎますが、山頂で山友に会えるか
どうか?




赤岳、その存在感が威圧します


やっと赤岳山頂 展望荘を見る


赤岳山頂から

赤岳北峰に這いつくばって、やっとの思いで山頂に着くと、そこには人が溢れるくらいいっぱいでした。
写真を撮って南峰に移って三角点タッチ、神社に参拝して、山友に電話したら後10分で山頂に着くと、信じられません
5時間かかるとパンフレットに書いて有りましたが3時間半程しか経っていません。

再度南峰の三角点に行って、展望荘まで下り、帰り道を杣添尾根を通るか、県界尾根を通るか相談しました。
距離は長いけど県界尾根の方が歩きやすいそうです、時間も早いようです。


県界尾根を下ります、鎖場が急坂です


登ってきた稜線に雲が巻いています


赤岳と南の峰々


県界尾根は展望も良くて、登って来た赤岳や稜線が青空に映え満足感に包まれながら下山しました。
行きは2人、帰りは3人でいっぱい話をしながら楽しい楽しい下山でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
赤岳が目標ならば裏の美濃戸口から登れば半分
くらいの時間で赤岳に着きます。野辺山や清里
方面から登る八ヶ岳は、どの道を登っても長く
てキツイですね。
インレッド
URL
2013/09/25 19:51
インレッドさん こんばんわ
いつも有難うございます。美濃戸から行者小屋経由で赤岳に登って、阿弥陀岳に行って下るコースも行ってみたいです、杣添尾根は半分意地になってですね(´∀`)
ここを登れない様では行ってみたい平ガ岳は無理と判断しなければと言う意味も有りました。
夢創歩
URL
2013/09/25 22:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤岳再挑戦 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる