夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 一ノ倉沢旧道と新道

<<   作成日時 : 2013/11/07 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



いい感じの湯檜曽川沿いの新道

インレッドさんのブログを(↓)見ていたら 谷川に行きたくなりました。 
http://ymanotayori.at.webry.info/201311/article_1.html




全山燃ゆる感じでした、カメラを変えたので色が思うようになってません


紅葉見物に谷川岳の裾野を歩いて来ました。
息子家族が連休に来て孫に振り回され大騒ぎ、後片付けをしてから夫婦で出掛けました。

新道の歩き始めをロープウェイ駅で聞いたら、下の方の慰霊所の辺らしい、探しても有りません、トンネルを潜って土合橋の端に有りました、何と車が入るようです。

広い車が通れる道をゆっくり歩きます、今日は登りや山頂は有りません。
紅葉は今がさかりで本当に綺麗です。




振り返ると青空と天神平方面の山




広場があったので、そこで昼食 味噌煮込みうどんです。


白毛門が見えてきたと思ったら広い場所にでました、東屋もあります、ここで昼食にします、今日は味噌煮込みうどんにノンアルコールビールとおにぎり、ポカポカと暖かく昼寝がしたいような気分です。お腹も心も大満足です。

そこから少し登山道らしき道が、橋を渡って、梯子を登るとまた平坦な道になりました、マチガ沢への分岐が有り、さらに新道を進みます、ほとんど人と会いませんが1組クラブツーリズムの様な団体の人とスレ違いました。



広場前から白毛門方面




新道はこんな感じでした。




白毛門と河原




一ノ倉近くの山道




一ノ倉が大きく見えました。


一人で歩いていたら何かロマンチックな事でも考えるかも知れないような時間ですが、女房と何でもないような会話をしながら歩きます、平坦なので愚痴がでなくて楽です、などと思っていたら一ノ倉沢出合へ800Mの分岐道標、いつかこのまま新道を蓬峠まで行きたいです、旧道からは行けない場所があるらしいです。

分岐から急登が始まりました、今まで平らだった分登るようです、3、40分やっと旧道にでました、鉄塔が下から上の方に見えたけど、その鉄塔が上りの最高点だった様です、道標があり一ノ倉まで400M、登りは400Mだったようです。広い車の轍がある道を下ります、一ノ倉が見えるそこには幾つものレリーフやケルンが有り、皆そこで亡くなった人の物でした、ちょっと気持ち悪いですがブナの景色は最高です。





ブナ林の道は気持ちがいいです。




白毛門と笠ヶ岳




紅葉は旧道の方が綺麗でした。




実にきれい気持ちがいい道です。




何だか色もきれいです、多くの人が歩いてます。


一ノ倉からは多くの人がいます、バンのタクシーも試験的にあるようです。
片道500円は少し高いです、車では景色も楽しみも半減です。
景色はこちらの旧道の方が下の新道よりずっときれいです、吸い込まれそうな紅葉を下に見ながら、歩きますが3.6キロあったようでした。感じない位の下り坂の道を落ち葉を踏みながら歩いていると、幸せを感じますねー。





ブナ 旧道


マチガ沢の厳剛新道の登山口がありました、ここを不安な思いで登った事を想い出しました。3時過ぎになりますがまだまだ一ノ倉目指してたくさんの人が歩いていきます。今からだと帰る頃暗くなってしまわないかと思ってしまいます。

楽しかった1日も終わりが近づいて、ロープウェイが見えて来ました、登山指導所で水を飲んで終了です、女房は久しぶりの山で疲れた疲れたと満足そうでした。







終わりが近づいてきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
行って来ましたか。
紅葉もまだ見頃だったようで良かったですね。
今度は単独でぜひ蓬峠まで登って見て下さい。
インレッド
URL
2013/11/11 20:02
インレッドさん こんにちは
いつもありがとうございます。
お陰さまでいい時期に行けて良かったです。
女房孝行もちょっと出来ました(*^_^*)(*^_^*)
今度は白毛門から朝日岳の先の避難小屋で1泊して新道を下ってみたいです。来年ですね.

URLにヤマレコの妙義を貼り付けてみました。
夢創歩
URL
2013/11/12 10:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一ノ倉沢旧道と新道 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる