夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿沼市羽賀場山地図読み山行

<<   作成日時 : 2013/12/05 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


登山前に地図の講習です。


地図を置いてこれから登る山の方角を確認


岩松の参道を登りお寺の前を通って登山口へ


登山口にも途中にも道標は有りません。リボンが時々ありますが尾根歩きなので道はしっかり付いてます。 山頂にやっと看板がありました。




山名、登山道の表示の無い鹿沼市の羽賀場山への地図読み山行にクラブ山行に参加しました。
コンパス、下敷き、赤ペンを持って登山前に地図の磁北線の書き方、整地の方法、登山口の見つけ方など習って歩き出しました。


普段コンパス、高度計は常備してますが、コンパスを使う事は少ないです、と言うより使い方を忘れてしまって、鉄塔の下で現在地確認の練習をしたのですが思うように行きませんでした。目標のピークが思う所と違っていたのが分かったのはしばらく経ってからでした。


下山してお寺で再度、現在地確認の方法をやってみました。クラブで用意した25000分の1地図には高圧線が記入されてますが、鉄塔のマークはないので、見える鉄塔が歩いて来た鉄塔なのか(尾根上で無いので位置が違うと思う)が、見える鉄塔は寺の位置と照合出来ました。


第一鉄塔から見たピークを右の432Mと仮定したのだが、どうしても合わなかった。今確認してみると、かまど倉山では無かっただろうか?第一鉄塔から約120度の位置だった。


尾根を定めて歩くのだが道が巻いていたりで、尾根上のあるはずの519mのピークも分からなかった。そんな事を調べていると段々使い方が分かって来ました。

得ることが多かった山行でした。


今回の山行に参加して、人の少ない道標の少ない里山をより一層一人で歩いてみたくなりました。危ないでしょうかねー??


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鹿沼市羽賀場山地図読み山行 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる