夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新雪の榛名、掃部ケ岳で納会登山

<<   作成日時 : 2013/12/23 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


掃部ケ岳山頂から見えた絶景



山友と榛名の掃部ケ岳へ納会登山に行ってきました。
雪の掃部ケ岳を歩いてみて榛名の山の意外と奥深い事を知りました、これからは榛名の山も赤城と同じように全部歩いてみたいと思いました。

昨年の物語山以来の同じメンバーでにぎやかな登山になりました。早朝待ち合わせ場所に向かう車中から見えた榛名山は、北アルプス?まさかスイス?と勘違いする程真っ白でした。



下から見あげる硯岩




国民宿舎の吾妻荘の隣にある駐車場では先客が3人、聞けば桐生の人で一緒になって8人で歩きました。初めての掃部ケ岳は新雪が降ったばかりで深い雪に足を取られて、結構な労働をさせられます。寒いだろうと着込んだ服に早くも汗が噴き出します。無風青空この上ない好条件ですが硯岩の分岐で上着を脱いで岩に向かいますが雪の上にかなりの急登、枝や木の根に掴まって登りました、先に行った山友のオーっと声、続いた私もオーっと、思わず声を上げてしまいました、硯岩から見る光景は想像を超える感動ものでした、雪の榛名富士が湖面と2つ見え、まだ凍っていない湖面が演出してくれました。




硯岩の上から見た光景 



修理から戻ったばかりのカメラで撮ろうとしたら、レンズが出ただけで電源がオフに全く修理前と同じでレンズエラーと出るだけでフリーズ状態、仕方なく写真はみなさんにお願いしました。
またとない好条件の山行なのにカメラが故障したというだけで、少しへこみますがみんながいてくれるのですぐ忘れてしまいました。

写真は全部山友からコピーさせて貰いました。


気持ち良すぎの登山道 



気持ちのいい掃部ケ岳への登山道ですが階段の難儀からは解消されますが雪が重く、1時間くらいと思ったところを2時間弱、下山してから昼食にしましょうと材料を全部車の中に置いて来ましたが、着いた山頂の素晴らしさは硯岩を超える光景でした、真っ白な富士山も見え、後の工程の事などすっかり忘れて、まったりと山頂を楽しんでバナナで乾杯。大福、最中、コーヒーでお腹を少し満たしてから、杖の神峠を目指します、先に若者が一人下って行ったトレースを辿ります、時々見える景観に感動をしながら、一人で歩いたらかなり心細いだろうと思われるけど、するつもりの無いシリセードをしながら今日は笑い声が絶えない尾根道です。



山頂から見た浅間山



今回のメンバー



尾根の下りは滑りますが面白いです。




尖った岩を巻いて歩くとそこが耳岩、その直後から急坂の下り、ここがこの日一番の難所で地図で見ていたのに想像力が足りなくてアイゼンを付けるのが遅くかったです。やっと着いた杖の神峠が素晴らしい、誰一人踏んでない雪にうっとりです。杏ケ岳の登山口を通過して新雪の林道を歩きが、長く重い雪に辛い歩きになりましたが、1時間位で通過できる所を2時間弱歩きました。




やっと着いた杖の神峠の雪景色にまた感動!




林道から見あげた耳岩





長い労働の後、納会の宴会を駐車場の東屋でにぎやかにしました。時間が過ぎた分だけ、お腹がすいた分だけ余計に楽しく美味しい昼食を楽しみました、旨かったです。昼食の後は伊香保の石段の湯で伊香保温泉で汗を流して散会となりました。



昼食は鍋焼きうどん、シチュウ、おしるこです。



伊香保温泉 石段の湯は石段の中段に有ります、源泉かけ流し(400円です)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
榛名も珍しく樹氷や霧氷になったようですね。
なかなか良い景色です。ついでにイルミも見て
来られたら良かったのでは・・・
インレッド
URL
2013/12/24 20:33
インレッドさん こんばんわ
土曜日は本当にいい景色になってラッキーでした、榛名に失礼ですが榛名で無いようでした、帰り時間で後3,40分で点灯すると思ったのですが山友が遠方なので、仕方なく諦めました。
夢創歩
URL
2013/12/24 21:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新雪の榛名、掃部ケ岳で納会登山 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる