夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小野子三山(雪、冬)

<<   作成日時 : 2014/01/05 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


稜線に出た


お正月のお客が帰って、長い正月休みも後2日となった1月4日今年初めての山は何処へ行こうか迷いましたが、以前に中コースから登って十二ケ岳と中ノ岳は行ったのですが時間がなくて小野子山だけ登ってませんでした。(その後十二ケ岳だけは西側から登りました) 小野子山にはシロヤシオ(別名ゴヨウツツジ)が見事と聞いてます、高山側からなら小野子山、シロヤシオを目当てに妻と一緒に行けるのではとその下見を兼ねて三山を歩いてみようと出掛けました。

青少年の家の先を進むと小野子山登山口の看板が目に入りました、さらに林道を進むと道端に車と登山用意をしている人がいます、「小野子山ですか?」と聞けば、そこが登山口でした。4人のそのグループの後に続いて登りました、所々に雪が有り、少し凍ってますグループの人はアイゼンを付ける安全策、私はもう少しツボ足でとグループと離れました。だんだん雪が多くなりましたが登りなのでごまかして小野子山山頂までツボ足、山頂でアイゼンを付け進みました。




小野子山山頂

写真で見たことがある小野子山山頂は思ったよりずっといい気持ちいいピークです、少しですが小野子山が一番高い山からでしょうか、ここは「小野子三山」と言います。写真をいっぱい撮ろうと思ったらカメラが電池切れのサイン、あれー です。仕方ないので十二ケ岳までなるべく消耗しないでと携帯で撮りました。


小野子山から榛名を見る

見晴らしもますまずです。 それにここまでならそれほどきつくなく妻でも2時間位で来られそうです。


小野子山から中ノ岳、十二ケ岳は何度もアップダウンを繰り返して行きます、結構深い鞍部でしかも急坂です。


長いアップダウンの後十二ケ岳山頂 タッチ

今日は男坂を使って登ってみました、急坂も下ばかり見て行くと角度はそれほど感じません。着いた山頂は雪が溶けてドロドロで、以前は無かった旗が立ってました。それでも格別の山頂は別物です。今日は遠景は無理ですがかなりの景色と暖かい日差しにまったりと昼食を楽しみました。写真も何枚かは撮れました。


中ノ岳の向こうに子持山、左に袈裟丸、さらに左にスカイ山、男体山、日光白根(曇っている)と見えました。


谷川方面は雲の中


先月行った榛名全景 烏帽子は登らねば


中ノ岳と小野子山 後ろに赤城の全景 黒檜山はガスっていた



十二ケ岳への途中、中ノ岳山頂で若者3人と会い、その少し後鞍部でソロの山ガールに会い、先に若者3人がいる旨を伝えようかどうか迷って、結局なにも言いませんでしたが後まで何か気がかりでした。こういう時はどうするのが良いのか分かりません。 

下からの分岐で夫婦に会い、十二ケ岳山頂で3人の人と会い、この日13人の人と会いましたが、十二ケ岳から帰る道では誰とも会いませんでした。
木がこすれる音が人の声に聞こえたりしますが、一人の山は何とも気持ちがいいです。



迷って見つけたシロヤシオ、6月には妻と一緒に来なくてはと思いますが意外と小さいです。




登山口にある看板

午後3時過ぎ登山口に着きました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小野子三山(雪、冬) 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる