夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪満載の鍋割山 ミニ遭難

<<   作成日時 : 2014/02/23 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



歩いて来た稜線 いつも気持ちがいい尾根歩きですが今回は特別でした


木の家の分岐だが荒山高原方面に行くはずが


木の家方面から歩いていた あれー



先週の土曜日15日に降った大雪の後、どこの山なら行けるだろうか悩みます。いつも身近な赤城山の鍋割山なら大丈夫だろうと行ってみようと出かけました。出来たら荒山も少し挑戦してみるつもりです。

赤城街道はさすがにきれいに除雪して有り楽に走れます、9時前、姫百合駐車場には先客の車が5台いました。9時過ぎ登山開始、準備運動もしてないのでゆっくりウォームアップを兼ねて登ります。
ツボ足でそれほど深く入ることなく歩けますが雪はかなり量だと判ります。やがて木の家の分岐の道標が埋まっているので写真に撮って進むと、次に荒山展望の広場、姫百合P、木の家の分岐に出ましたが、あれ、どうしたのか木の家方面から歩いてました(トレースがそっちに付いてました)、あれー??、これは登山道通りにトレースが付いて無いと思いました。




気が付くと荒山高原の鞍部が右上に見えました あれー


深い雪に足をとられながら登るが登山道が見えない


荒山展望の広場方面に向かっていたようです



しばらく行くと自分が思う方向と少し違う方にトレースが有ります、岩場や風穴の少し手前です。
本当の登山道を歩きたいと尾根ぎみの踏み跡のない所をワカンを付けて歩きだしました、最初のうちはそれ程埋まることもなく進めました、あっちだろうかこっちだろうかと登山道らしき所を探し求めて登りますが急に深く足を取られる所が現れます。誰もいない所を歩くのは嬉しくもあり、怖くも有ります。固く楽に登れる所も有り、登山道らしき所を進むとすぐ場所が分からなくなります、しばらく進んで休むと荒山高原らしき鞍部からかなり離れていることに気づきました。
私の迷い道を後から付かず離れず付いてくる若い人がいます、どうも感ですが荒山の展望広場の方向に進んでいるようです、展望の広場は名前だけで今は木が伸びてしまって展望は有りませんので、このまま無理して進んでも展望の広場が確認できるかどうか、踏み跡がなければ荒山高原に下るのも容易ではないと思い、最初に戻るか、それとも夏道の荒山高原方向にトラバースするかです。


なるべく大きく踏み抜かない所を選んでトラバースして右にしばらく進みます、大きな木の根元は踏み抜くので小さな木の間を選んで進み行くと、遠く人が見えました、大声でそこは道ですかー?と聞くと、そうですよと答えてくれて、あー助かった、まるでミニ遭難でした、赤城なので安心しきって昭文社の地図しか持ってませんでした。後ろにいるだろう人に「こっちに道が有りますよー」と声を掛けますが姿が見えません。安心したら疲れを感じました。深いラッセルで進めない時にストックを横に使って手を使うと進みやすかったです(雪が割と締まっていたので出来たがパウダーだと??)。ワカンが木の根に絡まってしまって抜けない時も有り、新雪歩きはまだまだ訓練が必要です。

風穴の上の岩場を後を追って進むと何と
道で会えた人の後を進んで荒山高原に着くと、「ブログをやってますね」と「はい」と答えると「夢創歩さんですね」「はい、えーどうして判るんですか?」「ずっと前から判ってました」「えーあれ、と言うことは赤城なのでベリーさんの知り合いでしょうか?」「いえ違います」「お名前は何と言われますか」と私、「インレッドです」「あれまー、ずっと会いたいと思ってました」と憧れのインレッドさんにこんな風に会えて、もしかすれば赤城に来られるかも知れないと思ってましたが、嬉しくて手袋を脱いで握手してもらいました。少し話をして私は鍋割山へ、荒山へ行って樹氷があるようなら地蔵へ行ってみると言われるので踏み跡があるといいですねと別れました。






火起山の手前で大きな雪庇が




鍋割山頂を目指して進むと雪の多さに驚きます、雪の鍋割山は初めてですが今は特別大雪のようです。大きな雪庇が有りました、大きな雪庇なので写真を撮っていると、なるべく早く通らないと雪崩れる可能性もあるので気を付けた方が良いと教えられました。登山道はあってないような風にトレースが付いてますが雪山では踏み跡を辿るのが一番いいと思いました。とそれを実践しますが、まあー無茶苦茶にトレースが付いてます。尾根の雪庇が大きく張り出した所など写真を撮りたくて仕方有りません。今回で6,7回目の鍋割山ですが今回が最高でした。そんな大変な登山道ですが本当に大勢の人が登っています、みんな雪を目当ての人です。




稜線に上がると浅間山が大きく見えます


向こうに火起山


振り返ると荒山と地蔵岳が


子持山と小野子山の向こうに草津白根から四阿山


張り出した雪庇が怖い


こんな稜線歩きをしてみたかった


これが鍋割山への道かと疑ってしまうような先を行く人




もう少しで山頂のようです


やっと山頂に着きました



鍋割山頂は尾根の上から降りますがあの大きな看板は雪の中で全く見えません、いっぱいの人と同じ様に昼食を食べて帰る頃、登って来た多分初鍋割の人が「山頂は何処ですか」と大きな声、すると「山頂はね何処かに逃げてしまったんですよ」と面白い人が答えます。おせっかいな私は「ここが山頂ですよ」と言ってしまいました。そんな山頂を後に大きな山に行ったような雪庇の張り出す尾根を下ります、ごきげんな道です。しばらく行くとインレッドさんが来ました、また会えて嬉しくて、今度はしばらくいろんな話が出来て良かったです。再度また雪庇の張り出した所を踏み跡がなくても歩いてずっと尾根を下りました。




やっぱり浅間に目がいってしまいます


前橋市内はまだ雪の中 遠く八ヶ岳


帰り道も雪庇の稜線を選んで歩きます


インレッドさんに稜線の上で再度会えました。今度はしばらく話が出来て良かったです。いろいろ教えていただき感謝感謝です。



うひゃー 来)^o^( 


意外と稜線の上は沈まず歩きやすいが雪庇がねー


空が青い


歩いてきた所を振り返る 気持ちいいー


下に降りるのを忘れて稜線の上を下ってしまいました。


光っている雪面をアップで


大きなクラックがありました、下の方はもう荒山高原です。


やっと分岐まで戻ってきました。

この後駐車場でカズさんと会いました。


インレッドさんが苦労したと言う荒山の方へ少し行ってみましたが胸まで埋まるような所があり、スノーシューを履いてないと無理ですしトレースが無いので私には進めそうも有りません、駐車場に着くとそこに、どこかで会いましたねと、何とカズさんでした、ベリーさんに声を掛ければ良かったと後悔しました。黒檜山の雪山は何度も行って感激してますが、今回の鍋割山も最高でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
近くの山で
雪山登山を満喫出来て、群馬は
本当に良いですね。遠くから来て始めて
この山に登った方はきっと感動していると
思います。
また何処かの山でお会いしましょう!!。
インレッド
URL
2014/02/24 19:45
インレッドさん こんんばんは
土曜日は何ともラッキーな日でした。ミニ遭難から見えた人がインレッドさんだったなんて、本当に嬉しかったです。別れた後一緒に付いて行けば良かったかと後悔してました。又再開できますように。

あの大雪の中人の多さにもびっくりしましたね、赤城は近いので有り難いですね、駐車場には野田ナンバーの人もいました。

そうそう私の後を追ってきた人の車が無かったので先に帰ったようで良かったと思いました。
夢創歩
URL
2014/02/24 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪満載の鍋割山 ミニ遭難 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる