夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 常念岳日帰り2014・8.21

<<   作成日時 : 2014/08/24 07:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

山友がみんな登って憧れていた常念岳にいつか行きたいと願っていたが、それを実現出来ました。
最近は前夜車中泊、早朝出発して大きい山でも日帰りピストンを何度かしています。
今回も前日昼頃家を出発して、節約して一般道を使って行きました。

駐車場から登山口まで下見に行き、5時過ぎ早めの夕食を食べ(アルファ米、カレー味ピラフを初めて食べてみました)明るいうちに眠りに着きますがアルコールを買うのをすっかり忘れてました、アレー酔えないよー。

偶然撮れた浅間の朝焼け 夕焼けはいつも見てますが 考えたら北アルプスは家から真西の方角のようです。
画像




午前2時前起きたら星がきれいです、車の屋根にカメラを置いて夜景モードで撮影してみましたが何も映ってませんでした、予定より少し早いけど出発します。登山口に2時半樹林の中の登山道なのでヘッドランプ無しでは全く前に進めませんが一本道で間違う心配も感じず歩きます。
山の神、古池、大滝、丸木橋、矢印を頼りに歩きます、4時半頃エボシ沢の左折を見落とし沢を上に踏み跡らしき所を10分程登ってしまうが、間違っていると感じ戻ると×しるし右左の印、丸木橋を見つけました。

画像


間違ってしまったところ
画像




画像


山あいに太陽が覗きました
画像


5時前樹林の間からかすかに明るくなってきます、大きな山が東に見えますが何処なのか判りません。その山がオレンジ色に染まりました。笠原沢に5時20分、約半分です、3時間位です、明るくなって花が見え始めます、胸突き八丁で下山してきた人とすれ違います、ずいぶん早い下山ですねー、それから何人もの人とすれ違いました。最終水場で水を補給、残り1キロで乗越小屋です。明るくなって人と会い花を撮って気分はいいのですが、この辺は急登で足は重く遅いです。
ミヤマカラマツの写真がきれいに撮れました。


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


2輪だけみえたクルマユリ
画像


雲間に浅間が見事です
画像


ウメバチソウがきれいでした
画像



ようやく東の大きな山が浅間山であることに気が付きます、雲に浮かんだ雄姿が見事です。ソバナ、ミヤマカラマツ、ミヤマキンポウゲ、クルマユリ、ハハコグサ、ニッコウキスゲ、リンドウ、ミヤマオミナエシなど花々を楽しみ最後の登りです。急に開けそこが常念乗越でした。切通岳が右、常念岳が高く左に。。。。。。。。



画像


画像





何より真ん前に槍が近く大きく見えます、余りに近いのでこれ本当なのかと思ってしまいました。
今自分が北アルプスを踏んでいるんだと実感がわきました、遠くから槍ヶ岳は何度も見てますがこれ程近いと何だか信じられないようでした。手前の山の稜線上に山小屋が見えます、何処の山小屋だろう?(西岳ヒュッテ)あそこが表銀座のようです。大天井、燕岳と続いているようです。
北アに独りで来られるとは思ってなかったので興奮してしまいます。


画像



画像





しばらく乗越で眺望を楽しんでから最後の登りにかかります、1時間位と聞いてますが歩きにくい岩の急角度の登山道は印がありますが中々大変です、徐々に乗越小屋が小さくなって高度が判ります、トウヤクリンドウをカメラに収め、細かい斑点がきれいです。三叉の分岐まで長かったです、角度がゆるんで山頂がもう目の前です、やっと着いた山頂です。


画像



画像


画像



画像



祠が有ります、お参りして、もう登らなくてもいい安堵感、目の前の北アルプスの景色にしばし見とれます。前に大きなザックを持った若い人が大変そうに何度も何度も休んでいます、上高地から槍ヶ岳、表銀座、大天井、常念と2泊で歩いてきたそうです。京都の人でした、写真を撮りあって蝶ケ岳から上高地に降りるそうです、しばし若い山人と話して別れました。山頂には次々に人が登ってきます。中之条から来たと言う二人は燕岳から大天井に泊まって常念で一の沢に降りるそうです。私もいつか雪の有る時三又から蝶ケ岳〜常念を縦走してみたいとです。


画像
<


方位盤で山座同定を楽しみます、富士山も見えます、右が南アルプス、左の八ヶ岳はガスってます。妙高、黒姫、方面、後立山も遠く見えます。夢のような光景です。余りの感激にノンアルコールビールをここで飲むつもりで持って来たのですがすっかり忘れてしまいました。槍ヶ岳から左方面はガスってしまいました。この日は予想より天気が良かったです、1時間程あっと言う間に過ぎますが、帰りの道中もあり、名残惜しいけどそろそろ下りましょう。

div align="center">画像


画像




朝5時から私と同じコースを登ったと言う長野の二人連れはかなり辛そうです、この二人と、中之条からの二人と前後して下山しました。多くの人が登って来てすれ違います、山ガールはいいですねー。何だか獣の声のような急いで鈴を鳴らします、猿でした、猿が登山道の脇を団体で登って行きました。


画像



画像



画像



朝登山中に間違って登ってしまったエボシ沢で下山中に飲み忘れたノンアルコールビールを思い出し昼食に飲みました。
やや長い登山道ですが下りは早いです、昼食を食べて4時間で下山しました、下台倉の尾根、白毛門の下りを経験しているので楽に感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
待望の常念でしたか、それにして朝の2時に登山開始とは早いですね!!。ここは私はいつも三股から登って居て、一ノ沢経由ではまだ登った事がありません。三股から日帰りで二度と、同じく日帰りで三股から蝶ヶ岳経由で常念に登った事がありますが、多分今までで一番キツイ登山だったと思います。
インレッド
2014/08/26 08:14
インレッドさん こんにちは
いつも有難うございます。
夕方6時前に寝ると夜中の2時でも7時間睡眠です(*^_^*)
山股から蝶ケ岳〜常念岳の縦走は1泊でないときつ過ぎでしょう、急登ですものね、その点一の沢は長いですが角度が楽の感じでしょうか?雪がある時期に1泊して山股から縦走してみるのが新たな夢です。
夢創歩
URL
2014/08/26 13:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
常念岳日帰り2014・8.21 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる