夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 榛名掃部ケ岳〜杖の神峠(去年の忘年山行を訪ねて)

<<   作成日時 : 2014/12/22 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

早いもので大雪の後見事な榛名富士を映した榛名湖から、もう1年経ちました、同じコースを歩いてみました。
浅間方面に行こうか、十二ケ岳に行こうか、天気はまずまず良さそうです。去年は大雪の後の絶好の天気でしたが今日はどうでしょうか、去年ベリーさん夫妻、aoさん、hagureさんと歩いた同じコースを訪ねてみました。
12時の出発硯岩で昼食にしようかと歩きだしますと、10人下山して来ました、みなさんアイゼンを付けてます、

出発地から硯岩を見上げる
画像


画像


本庄から来たという4人組の人たちが私の前にいます、硯岩をパスして分岐から掃部ケ岳まで800mそれなら30分弱なので山頂で昼食にしましょうとアイゼンを付け、上着を脱いで歩きだします、長い階段を我慢して登ります、階段が終わって後200mらしい、下から50分で山頂に着きました。


浅間山、朝は見えていた山頂に雲が掛ってしまいました。
画像



八ヶ岳が遠く見えます、富士山は今日は無理なようです。
画像



山頂に若い男女が1組いますが、大汗をかいてしまって山頂で綿の下着を着てしまったので下着だけ着替えしまして、昼食にしました、今日はJAの直売所で買った稲荷ずしと餅を入れた味噌ラーメンを作って食べます。
食べ終わる頃本庄の4人組が登って来ました。少し話をしていたら浅間隠山を登ってから掃部ケ岳に登ってきたという若者が来て写真だけ撮ってすぐ下山して行きました。



さてピストンで帰ろうか去年のコースを訪ねてみようか、時間をみると1時20分です、杖の神峠から林道経由で2時間位で消化できるだろうと杏ケ岳方面へ下山します、1人先に歩いた人のトレースがありました、去年は大雪の急坂でけっこう大変だった記憶が有りますが、今日は雪がそれほどでないので去年から比べるとかなり楽です。ピークを4つ越して行くと耳岩(去年は登らず巻いて通過しました)に登って見ました。
金蜂山の五丈岩の様にどうして岩が重なったか不思議です、岩にはクライミングに使ったと思われるアンカーが2つ残ってました。耳は近すぎて右耳しか見えなくて下からでないと分かりません。



途中のピークから榛名富士を見る
画像



画像



ピークから杏ケ岳と枝の間から杖の神峠や林道が見えます。
画像



耳岩のテラスにアンカーボルトが2本
画像


耳岩をテラスから撮る、怖くてボルトの先まで行きにくい
画像


裏側からの岩場
画像


南側は雪が溶けている所もありますが杖の神峠までアイゼンを付けたまま下山しました。時間が早ければ杏ケ岳に登ってみようと思っていたのですが、4時になると薄暗くなるので、先行者のトレースも無いしキャンセルです。杖の神峠まで掃部ケ岳山頂から1時間位でした、


画像


杖の神峠の仏様
画像







去年は雪に足を取られて林道歩きが大変だった思いがあります、出発地の吾妻荘へ向けて歩きだすとさっき居た耳岩が高く見えます、今日はほとんど埋まらないのでスリップ防止にちょうどいい位の雪の量で歩きやすかったですが、杖の神峠からやっぱり長く1時間掛りました。


上に見上げるさっきまでいた耳岩をアップで
画像



3時半まだ明るい湖畔ではガードマンがクリスマスイルミネーションの誘導の準備していますが、まだ駐車場に車は見えません、帰り途中、高根見晴台で白銀の谷川方面を写真に撮りました、木曜日に行った赤城の黒桧が丸く見えます、皇海山、日光白根山、上州武尊山、谷川岳山脈がよく見えました。多分娘と孫が待つ家路を急ぎました。

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
昨年は確か霧氷になっていたと思いますが、今年は霧氷は無いようですね。それでも榛名にしては雪は結構あったようです。今頃榛名に登った事は無いのですが、登っている人は多いようですね。
インレッド
2014/12/22 20:24
インレッドさん こんばんは。
いつもありがとうございます。
本当に1年は早いですねー、去年は里は冷たい大雨だったのですが、山は子持山も小野子山も真っ白で、まるでアルプスに行ったような景色でした、今年も雪が割と有りました、手ごろなんでしょうか登山客がいっぱい居ました、若いカップルは榛名富士を登ってイルミネーションを見て帰るような雰囲気でした、帰りの高見展望台で夜景見物に登ってくる車や人が見えだしていました。
夢創歩
2014/12/22 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
榛名掃部ケ岳〜杖の神峠(去年の忘年山行を訪ねて) 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる