夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿俣山2015初登山

<<   作成日時 : 2015/01/04 12:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

玉原スキー場の横にある鹿俣山へワカンの練習を兼ねて行ってきました。
ワカンにバンドがあるのは知っていたのですが、ひもで間に合わせてきたのですが、どうも加減が難しくて何度も締め直ししても気にしながら歩いてました。大晦日にバンドを買ったので、その具合と深い雪歩きの訓練を兼ねて安全な鹿俣山へ行ってきました。

天候が心配だったのですが、午後になれば好転するのではと微かな期待を兼ねてスキー場へ向かうと、雪がすごくて止まってしまう車があり渋滞で普通より1時間以上余分にかかりました。全く歩けなかった時はスキーをしようと一応靴と板を持参しました。
9時20分登山届を提出して一昨年hagureさんと歩いた所を辿ります。第3リフトの終点下までツアーコースをつぼ足で、そこでワカンを装着して林の中へ入りますといきなり急登と腰まで埋まるような雪ですが、斜めにコースを取りながら登りきるとなだらかな斜度が続く広い尾根道になります。夏なら登山道があるのでしょうが、どこが道なのか全く分かりません。適当に歩きやそうな所を選んで高い方へと進みます、


スタート付近
画像


ワカンを装着します、ベルトが新しい
画像



第3リフト降り場付近
画像



急坂を登りきると雪のブナ林が広がります
画像



画像



画像


強い風が吹くと顔は指すように痛いですが、他は暖かくも感じます、帰りの事を思いリボンテープを持って行ったので付けながら歩きました。大きなブナの木に付いているピンクテープがあり、間違いない事を確認します、右に雪庇が大きく張り出している所もあり緊張しながら歩きます。突然目の前から雪庇が崩れ、大慌てで反対側に逃げるとドサッと雪が割れ落ちてゆきました。



ピンクテープのブナ
画像


雪庇
画像



画像



怖ー
画像



多分落ちたら命は大丈夫とは思うけど戻るのに相当な労力が必要と思います。なるべく大きな木のある内側を通って進みました。
ピンクテープのある大きな木がそれから3本、そのすぐ先に雪をいっぱい着けた目立つ木が有ります、そこからシャクナゲの群生地の道標が見えました、
画像



道標が遠くみえる尾根
画像



晴れない時はここまでと思って歩いて来たので、その少し下で風を避け雪を平らに固めて昼食にしました、雪はどんどん降ってくるのでザックの口を閉めておかないと中まで雪だらけになります、煮て食べる餅いりラーメンは暖かさもあり旨い。
画像




帰りはゴーグルの方が良いかなと思って付けてみると曇って見えにくく、仕方ないのでサングラスを探すと入れたはずのバッグの中に有りません、全部中身を出しても有りません、胸の中に仕舞ってありました(アレー)。同じことを再度車の中でやるのですが・・・


最初はピンクテープのブナを頼りに降ります
画像



帰り道はトレースが残っているだろうと思ったら、風で飛んでしまってほとんど消えています。付けたリボンを回収しながら戻ります、やっぱり帰りはずっと楽に歩けますが時々深い雪に時々埋まります。


ひび割れた雪庇のそばは慎重に通過します
画像



急な所をシリセードで降りましたが、雪が背中に残ってしまって家に着いたらまだ濡れていました。ようやくスキー場の音楽が大きく聞こえるようになり、第3リフト降り場に着きホッとします。
画像


第3リフトから下も林の中を歩けるようなので入ったら急坂で危なそうなので
画像



、スキーコースの端をワカンで歩いて下山しました。スキーを習いながら降りてくる子供をみると、私も子供をいつもスキーに連れて行った事を思い出しがら駐車場に着きました。

画像



雪がどんどん降ってくるので車に乗って靴を履き替え、リンゴの皮をむこうとナイフの入れ物を探すと入れたはずのザックの中に有りません、あれー
昼食を終え動き出す前にゴミも含め残っているものがないか確認したのですが・・・ その入れ物に携帯電話が入っているのです、もう一度あそこまで行くのかと思うと大慌てです。よくよく探したらザックにレジャーシートと尻マット、ヘッデンの入れておく場所に有り、ホッとしましたが、自分ながら呆れてしまします。

今日は1月3日ずっと以前に息子にもらって仕舞ってあったレミーマルタンを開け妻と二人の夕餉を楽しみました。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
リッキーさん 気持ち玉ありがとうございました。
夢創歩
2015/01/04 17:12
今晩は。
ここは雪が多い時は下山と同じゲレンデの端を歩けば簡単に行く事が出来ますが、登山道を登るとラッセルもキツクて山頂へは届かない時があります、雪が締まってくれば簡単なんですが・・・。今年はここも雪が多いようですね。
インレッド
2015/01/04 20:01
インレッドさん こんばんは。
一昨年行った時より雪が深かったです、あの先を降りた後の登りが強烈ですね、あそこまでで3時間近く掛かりました、久しぶりに少し足がだるかったです。でも少しだけ自信もつきました。
雪は今もすごいですが、これからもっと増えるでしょうねー。
夢創歩
2015/01/04 22:14
夢創歩さん、こんばんは。
今年の上越方面の雪はかなり多いようですね。
とてもこのように深い雪の中は私には行くことは出来ませんが、若い頃スキーを夢中で滑った経験か?今も雪の季節が大好きです。
また、これからの大奮闘の記録楽しみにしています。
orihimeff
2015/01/05 21:31
orihimeffさん こんばんは
コメントありがとうございます。
やっぱり沼田が境目でそのちょっと上と下ではまるで天気が違います、今年も雪が大そうですね。新雪は楽しくもあり怖くも有りですね。去年10年ぶりにスキーを1回しました、何とか滑れるし面白さが復活しそうですが、山歩きの方が優先ですね。

つたないブログですが、制作していればボケ防止になると思って頑張って書いてます。
夢創歩
2015/01/05 22:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鹿俣山2015初登山 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる