夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日白山初挑戦

<<   作成日時 : 2015/03/19 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

憧れの日白山へ行ってきました、どれほど怖い所と思ってましたが、天気が良い中割と順調に歩けました、が結構へばりました。毎年山の先輩のインレッドさんのブログに掲載される、東谷山から日白山の雪庇の尾根道は怖さと憧れを感じながら、いつか行ってみたいと思ってました。

日白山山頂
画像



ここを右に進むと登山口
画像


朝の雪が締まっている時間に出来るだけ距離を稼ごうと駐車場を6時20分に、登山口などはヤマレコを参考にしました。ワカンとアイゼンにピッケル(今回のコースでは不要でした)も持ちました。登山口から二居峠までは道が雪に隠れて分かりにくいです、スキーやスノーシューのトレースを追って適当に登ると東屋のある峠に着きました。歩き始めはつぼ足でしたが雪が深くすぐにワカン装着。


鉄塔が近くなると広い尾根になります、かなりの急登になりますが、平標、仙の倉山、後ろには苗場山、登り始めの二居の村が下の方に見えるようになります、熱くて下着にフリースの2枚になりますが、下が暑い夏用のズボンを履いて来たのですが、タイツを我慢できなくて脱ぎました、一瞬ですがパンツ1枚は寒かったー、鉄塔の上でタイツと同時に雪の状態をみてワカンをアイゼンに履き替えて急登を歩きました。登りの日白山山頂までアイゼンでした。


尾根に出ると平標山が大きく見えます
画像



苗場山も
画像



怖いと思っていた雪庇の道も歩いてみると、端の方を歩かなければ安全を確認しました、只かなりの急登の連続に東谷山まで遠かったです、素晴らしい景色に癒されながら、一人きりの贅沢な雪山を満喫します、仙ノ倉山の向こうに万太郎山が見えだします、やっと着いた東谷山からは北に越後三山の山波、西から南にかけて苗場山から草津白根方面の山々、何と言ってもすぐ目の前に平標山、仙の倉山(山頂直下は光って見える)が見えます。しばし山頂を楽しんでから、やっと姿がはっきり見えた日白山へ向かいます。

東谷山山頂
画像



目指す日白山、万太郎山、茂倉山が左右に
画像



あそこが日白山山頂
画像



日白山山頂からは谷川方面が全部見えます、七ツ小屋山の隣に大厳太山はすぐ分かりました、
画像



タカマタギへの稜線 雪割れがみえます
画像



巻機山は良く分かりませんでした、朝日岳が大きい、茂倉岳、武能岳、谷川岳もすぐそこに見えます、日白山から尾根続きのタカマタギの尾根が続いています、そこに雪割れも見えます。余りゆっくりも出来ないので寒くなる前に・・・帰り道はワカンを着けて帰ります。

東谷山まではアップダウンがありますが、そこからは下りのみと自分に言い聞かせて、登りをクリアーします、まだ誰とも会いません、湯沢方面でゴツゴツした山が気になってましたが、岩原スキー場の山(飯土山)としばらく経ってから分かりました。


端は危ないよー
画像


画像


朝は眩しくて日焼け止めを塗って歩き始めましたが帰り道は空模様が段々曇って来ました、東谷山山頂でまた一回り景色を楽しみ昼近いですが、山頂は風が冷たく下りますと、3人のスキーヤーが登って来ました、シールを剥がしてました、樹林の中でそこから降るそうです、貝掛方面の北に降りるようです、樹林の中は風も無く気持ちがいいです、平らな所を見つけて昼食にしました、今日はカレーうどんを煮て食べます。贅沢なランチタイムです。


無跡の樹林帯
画像


画像


鉄塔を見て平標の帰り松手山からの時も鉄塔があった事を思い出したりしながら下りました、鉄塔の上で若い男女のスノーボーダーと会いました。樹林の中のツアーはさぞかし楽しいんでしょうねー。
画像



小鳥発見
画像


急坂で4度程尻もちを付きましたが危険は有りません。峠からの下りは道が分かりやすいと思いましたが左に電線に沿って直に降りているトレースがあり、次回の為に確認しました。登山口の見晴館の人に山の水(実に美味い)を頂き喉をうるおし今日の山行終了です。

天気が良くて、3月になれば、私にも安全に登れる山と確認出来ました。登り4時間帰り2時間半休憩1時間の山旅でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
アイゼンで登れたようで良かったですね。ここは以前は登山者には全く会わず、山スキーの人達にもあまり会わない静かな山でしたが、最近神楽峰での山スキー ヤーの遭難騒ぎで、山スキーの人達の態度が悪かったらしく、最近ではビーコンを持って居ない人は入山を拒否されるようになったため、こちらにそんな山スキー ヤーの方が多く流れて来るようになったようです。次回はタカマタギまで是非どうぞ、そちらも素晴らしい山です。
インレッド
2015/03/24 06:59
インレッドさん おはようございます。
いつもコメント有難うございます。
インレッドさんに勇気を頂き、不可能と諦めるような山に行けて本当に嬉しいです。臆病なので少しづつレベルアップ出来ればと思ってます、私も一人の山が好きですねー、そこで誰かに会えばそれも嬉しです。タカマタギですかーブルブル;)雪割れしてましたよー、土樽から天泊してタカマタギ経由で同じ二居に降りた人がいたようですが、それは私には危なすぎです。
夢創歩
2015/03/24 10:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日白山初挑戦 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる