夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天狗岩、シラケ山、烏帽子岳+笠丸山

<<   作成日時 : 2015/05/02 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

西上州の天狗岩、シラケ山、烏帽子岳+笠丸山と行って来ました。4月30日
ヒトツバナで有名な三ツ岩岳、烏帽子岳、笠丸山ですが、ネット見ると今年は裏の年になるようです。
時期も遅すぎる様です、ならば花はともかく岩場のスリルがあると言われる天狗岳から烏帽子の岩稜歩きをして、時間に余裕があったら笠丸山にも行ってみる、つもりで朝早く出掛けました、どの山もまだ登った事がありません。

岩峰から烏帽子岳を見る
画像




天狗岳登山口のすぐ先に駐車場が有ります、朝6時半過ぎ止まっている車は1台のみ、7時前にスタートしました、レコで見たことのある杉の急登を登っていくと沢がY字路に、ここが二又だろうか看板は無い、右の沢を登ってみるが踏み跡がない、違うようだ左の踏み跡を辿ると、小屋が出てきました、あれ避難小屋?、そこが二又で右に2輪草の群生地の看板がありました、右に沢から斜面を登る道になると2輪草がいっぱい有ります、水場で喉を潤しさらに坂を詰めるとコルになり、左の急登を登れば僅かで山頂です。アカヤシオはたくさんは咲いていません、二人の人が休んでいて、年配のその人は本当ならここは天国にいるような花いっぱいの場所だと教わりました、緑の葉が見えるので少し遅いと言っていました。
天狗岩山頂のアカヤシオ
画像


画像


ここから登ります
画像


画像


二又の分岐を右に
画像





山頂から僅かに北に鉄製の橋を渡ると展望台、その見晴らしの良いこと、西上州の山々が手に取る様に見えます、その眺望はもう参りましたと云うような感じでしょうか。その中に烏帽子、マルが見えました。目の前にシラケ山、斜面を赤く染める木が何本か有りました。最初はシラケ山へ少し降ります、シラケ山の山頂も広く無いけど岩の見事な見晴らしです、さっきまでいた天狗岩の展望台が見えます。素晴らしい山頂のシラケ岩

展望台への鉄の橋
画像


画像


小沢岳が大きい
画像


ダムの方行のコルから白い大きなものが・・・ 八ヶ岳でしょうか?
画像


烏帽子岳とマル
画像


ヒカゲツツジ初見
画像


シラケ岩にレモン色のヒカゲツツジが有りました、尖った岩の先にあるので下から廻り込んで写真を撮りました、ヒカゲツツジは初見です、シラケ岩からは岩稜を辿って7つのピークを越えマルから烏帽子岳へと進みますヒカゲツツジが何度も現れ何度も写真に収めます、ここは上級だそうです、慎重に進みます、怖くは感じませんが、後ろ向きに降りる所も何度か有ります、どこがp1かp2か分かりません、pを巻く所もあります、

するどい岩峰を行く 踏み跡はしっかりあるので迷う事はない
画像


いくつめのピークなのか分からないが慎重に進む、烏帽子岳が近くなった
画像


段々と烏帽子、マルが近くなってきて、ザイルを登るところではザイルの結び方を先日習ったので、確かめながら登りると道標が有り、よく見ずに烏帽子、烏帽子と目指しますが帰り道、そのザイルで上がった所が横道との分岐でした。少し進んでマルを右に巻く道があり、楽が良いとピークを踏まずに進みます、コルに道標があり左に大仁田へを分け烏帽子を目指します、目の前の大きな岩蜂も巻く道があればいいのにと思いながら



ロープが付いた急登を登りきると、あれまーそこが烏帽子岳山頂でした、最初はそこが山頂と分かりません。小さな祠があるそこは、10人位はいられそうな平らな山頂でした。まずは安全祈願してから眺望を楽しみます。少し霞んでいて浅間山は見えません、荒船の経塚山、立岩、その横に先日の毛無岩、あの辺が黒滝だろうか、昭文社の地図を出して山座同定してみます、目につく鹿岳の向うに霞んで妙義がずらっと表妙義から裏妙義まで見えます、嬉しくなってビデオモードで撮りました。


烏帽子岳山頂
画像


ミツバツツジがきれいだ
画像


しばらく経って降りようとしたら下から二人上がって来ました、この間誰ひとりもいない山頂を楽しみました。最初天狗岩で会った二人と今日4人目の人と会い危ない箇所を降ると賑やかな声が聞こえていますが姿は見えません。コルからマルに直登しますとアカヤシオがこの日一番きれいに多く咲いていました、僅かで着いたマルの山頂には小さなマルの表示、そこに女道と言われる南から登って来た、賑やかな声の人たち3人に会いました。さっきの2人と同じ大仁田の方からの様です。東へ下ります、巻き道の分岐から10分で横道の分岐になるそうなので注意しながら進むと5分もかからず横道の分岐(ザイルの場所)でした。

横道は上下が少ないのでどんどん歩けます、時々見えるアカヤシオ、ミツバツツジを楽しみながら進むとシラケ山の南側でしょうかカラマツの林になりました、秋には良さそうな感じの所です、少し進むと天狗岩への登りの分岐が2度程、横へ横へと進むとこもり岩の分岐、道順まであって1方通行にしてありました。こもり岩にはミツバツツジが1本きれいに咲いていました、岩の奥に祠があります、手を合わせ、さらに降って進むと2輪草がこちらにも見えます、ふた組の夫婦とすれ違います、


おこもり岩
画像



朝は閉じていた2輪草が大きく開いています。
画像



3時間弱で登った道を帰りは横道で1時間15分位で登山口に着きました、駐車場は満杯、路側帯に2台止まっていました。連休の合間の木曜日ですが、天狗岩を目指す人が多いようです。25000分の1の地図を拡大して持ってますが、登山道が記してないので、よく見て想像しますが分かる所と分からない所と難しいです。


満杯の駐車場 帰りに見たら私が出た後にも車が入っていた
画像



すぐに靴も変えずに笠丸山を目指して車を走らせます、カーナビに載っていない道を進み、笠丸山、住居附の表示がある所をどんどん降っていくと、笠丸山はカーナビで右に左に移動しますが見えています、居住地区に入った所で駐車場があり、車が3台止まっています、上の地蔵峠への登山口の様です、下から登る予定なので下の登山口を探しているとインレッドさんのブログで見る長閑な住居附(すもうつく)の村がそこに有りました。車を空き地に止めて地元の人に駐車しても大丈夫か確かめ、

杉の樹林の中を登る
画像



昼食を食べてから歩き始めようかと思ったのですが、山頂まで2キロ約1時間らしいので、山頂で食べましょうとまたザックに仕舞って歩きだすと降りて来た女の人4,5人のグループ、アカヤシオの状況を聞くともう終わりと言われました。杉の林の急登?をどんどん登ります、草花も余り見えません、高度計と西に見える山頂を見ながら登ります、1組の若い夫婦とすれ違いさらに20分ほどで急に割と大きな祠がある東峰に着きました、6人の高崎の人たちが楽しそうに昼食を食べていました。

東峰の祠
画像



私も話の中にちょっと入れて頂き、餅いりラーメンの作ります。ドライフルーツやお菓子のおすそ分けを頂き、恐縮です。いつもなら、私のいる場所はアカヤシオのトンネルになるそうです、今はもう花はほとんど有りません、それでも南に大きく両神山が真近かに見え、この姿が見たかったので満足です。


両神山の雄姿
画像


遠く白い峰峰 八ヶ岳だろうか
画像



私と同じウエブリのブログをやっているそうです、今はヤフーのブログに変えたそうです、ところがちゃんと覚えたはずのブログ名を思い出せません、「わーさんのお出かけ記録」だったか、メモを持っているのに記録しないとダメですねー、折角書き込みしますなどと言ったのに・・・・、

アカヤシオは少なかった
画像



西峰へ行くとすごい岩峰のそこは南にすごい眺望です、一番高いのが多分御座山その横に白く八ヶ岳でしょうか、白い山肌が遠く見えます、帳付山に隠れて諏訪山は判別出来ません、その向うの高いのが御巣鷹山の様でした、地図で山座同定をして、西峰を後にします、ロープの急坂を根っこに掴りながら下るとミツバツツジが見え始めます。蕾もありまだまだ咲いてくれそうです、歩きやすくなった道をさらに降ると大きな木の分岐がありそこが地蔵峠、


画像


こちらにも2輪草が咲いていました
画像


上の登山口へ着きました、しだれさくらが綺麗に咲いてます
画像


木の根の脇にかわいいお地蔵様が有りました。来年は4月の半ばに同じように天狗岩と来てみたいと思いました。下りは50分位でしだれ桜の咲く橋に着き笠丸山の初登山終了です。連休中は子供や孫が来るので今週は山に入れません。


住居附風景
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
天狗からシラケ・マル経由で烏帽子は昔は破線の道で解り難くてちょっと怖い道でした。今は整備されて、普通に登れますが、昔はちょっと大変な道でした。最近はやはり人気の山のようで登山口には何時も車がいっぱい停まっています。このあたりではその他に桧沢もヤシオは結構咲いています。
インレッド
2015/05/05 21:25
インレッドさん こんにちは。
いつも有難うございます。
天狗も烏帽子も初めてです、まだまだ西上州に登りたい山があります。シラケ岩から破線になっているようですが、今は踏み跡も案内もいっぱいあり、割と楽でした、ヒカゲツツジは写真で見るのと同じと思ったのですが、インレッドさんの京ケ倉の去年の写真と比べると別物のみたいに思えます。
さっきザイルとエイトカンを買いに行ったら今日は店が休みでした。
夢創歩
2015/05/06 16:33
こんばんは。
天狗岩からシラケ岩・マル・烏帽子岳は、私も好きなコースでアカヤシオの季節と紅葉の季節に何度か歩いています。今年はまだ無理が出来ないので残念ながら行けませんが、夢創歩さんのブログで思い出しながら楽しませていただきました。
でもその後に笠丸山を歩くとは、タフですね〜
orihimeff
2015/05/06 22:19
orihimeffさん こんにちは。
私は初めて行ったのですが、今回のコースは結構スリルもあるし、短時間で行けるし、妙義ほど気合を入れなくても大丈夫ですね、秋も良いでしょうね。笠丸山に登ったら両神山が呼んでいたので(そう思えました)近いうちに八丁峠から行きたいです。
夢創歩
2015/05/07 14:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天狗岩、シラケ山、烏帽子岳+笠丸山 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる