夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 両神山の鎖場を楽しむ

<<   作成日時 : 2015/05/22 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

去年から行きたかった両神山に八丁峠から行って来ました。佐久の山友と行きたかったけど、最近忙しそうなので休みの水曜日、晴れの天気予報に出掛けましたが、車のウインドに雨粒が見えたりして、あれ天気は期待できないのかとテンションは上がりません。八丁隧道をめざして車を走らせますが、すごい林道が九十九折りにどんどん山を登っていきます、何回か落石跡が有りました。

多分一番危険な所
画像


下山時から見えた二子山でしょうか
画像



トンネル手前の駐車場には車が3台、成田ナンバーの若い人が登山準備をしています、何でもここへ来る前に、二子山をもう登ってきたそうです。すごいなー。駐車場にある登山口で登山届を出して一緒に歩き始めますがいきなりの急登に息が上がってしまいます。とても着いて行けません。トラバースの岩場に鎖が現れますが、岩が濡れていやらしいです。一枚スラブの岩は足場がなく帰りが怖そう。

いきなりの鎖場を登る千葉の若者kinchanさん
画像



すぐに千葉の人の鈴の音が聞こえなくなって、マイペースで登ること1時間弱で空が明るくなって八丁峠に着きました。ここまでミツバツツジを1本見たのみです。アカヤシオは無さそうです、少し降って鎖場の尾根が始ります、西岳から東岳間がキツイ鎖場になるらしいですがストックを使いながら歩きます、今日は3キロ余分に持ってますが10キロ位か、重さは余り感じません。少し休みながら、まだまだ鎖は握ってません。なるべく鎖に触らないで登るつもりですが、帰りは分かりません。


画像


やっと八丁峠
画像



西岳まで2時間余り、西岳からはキツイ鎖場ストックを仕舞います。木や根があり足場の確保も困ることは有りません、高さを感じなければ怖さはありません、先に行った千葉の若者の鈴の音が聞こえてきました、赤いヘルメットを被ってます、私も持つつもりが忘れてきてしまいました。2,3か所キツイ所が有りましたが、裏妙義よりきつく(丁須の頭は別)、表妙義より楽だと思いました。

水墨画の世界です。
画像


それでも朝はちょっと晴れ間も
画像


段々角度が増します
画像



イワカガミが目立って咲いていました、前にならえーでしょうか
画像


西岳に着きました
画像


きつい岩場危ない岩場
画像


登ったり下ったりの尾根道
画像




東岳まで3時間弱、ここから1キロは楽な尾根歩きらしいのです。新緑の若緑の木々を感じながら楽な尾根歩きだった気がします、鎖が2本あり、ストックが邪魔でしたがいきなり声が聞こえてきてそこが山頂でした。最近はキャベツ入りのラーメンをよく作ってます。野菜が入るとちょっと豪華な気分です、その昼食を食べながら山頂を味わいますが、天気がガスって展望が無かったのが残念でした。

画像



この花(?)は何でしょうか?額がピンク色
画像




さて、下山も鎖を持たずに手足のホールドを探しながら降ります。下りの方が足場が見えにくいので余計に注意します、でもこういう作業は集中して頭が空っぽになるので好きです、絶対に滑らないように気を使います、西岳手前で二人の人を追い越した、ところが鎖場で無い所は注意力がマヒするのか、根が絡んだところで滑って、ちょっとだけ頭を打ちました、これが原因かどうか分かりませんが、同じような道が続き、山を巻いたりして行蔵峠から先で方向が分からなくなって、ガスが流れて山が見えたりして、立ち止まって地図とコンパスを出して、確認しました。

画像



画像


画像


間違っていれば二人の人に会う筈なので安心なのですが・・・・ 遠く鈴の音が聞こる・・・ 鎖は2回持ちました、下りなら持った方が楽です。。。
1本道で方向が分からないなんて情けないですねー。。。

おやおや晴れてきた??
画像


ここが1番危なかった、最初から鎖を持つべきでした。
画像


八丁峠に向いている様で、少し高度が下がって間違ってないと安堵しました。登山口に着いたのは4時前、2時までに下山すると言っていた千葉の人は間に会っただろうかなどと思いながら下山しました。


画像


登山口に咲いていたコンロンソウ
画像


登山口に到着しました。
画像


表妙義より怖くないし、鎖を楽しみにまた景色を楽しみに登って見たいコースになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
静かな両神山を楽しまれましたね。
何年か前アカヤシオの頃に八丁峠から歩きましたが、所々にアカヤシオの花が優しく迎えてくれて、鎖場も結構楽しく歩けましたよ。
ただ、山頂に着いたら他の登山口から登って来た人が多くて、ランチの場所探しが大変なほど混み混みでした。
夢創歩さん、次回は眺望を楽しみに! そして頭を打たないようご注意を !!
orihimeff
2015/05/23 13:47
orihimeffさん こんにちは。
平日だったからでしょうか、八丁峠からは4人だったと思います、両神山の山頂は狭いですね、10人で満杯でしょう、幸い4,5人だったのでゆっくり昼食を食べられました。あの位の鎖場は緊張が楽しいですね、アカヤシオは1月位前だったかもしれないですね。
頭、痛くはないですが油断は良くないですね、方向音痴は変ですねー。、
夢創歩
2015/05/23 18:12
今晩は。
ここのクサリ場は数えたら25ヶ所ありました。往復では50ヶ所になります。腕が疲れますね。帰りは来た道を降りなくても、落合の登山口(トンネルの少し先)に降りられます。紅葉の頃も良いですから是非どうぞ。隣の赤岩もなかなか面白いですよ。
インレッド
2015/05/24 19:41
インレッドさん こんばんは。
25か所も有りましたか、いっぱいあるなーと思ってましたが、赤岩岳は一方通行とか聞きました怖そうですね、テレビで秋のを見ました、赤ナゲシも含めて行ってみたいです。

赤城のつつじが峰コースはヤマツツジが良い具合できれいでした、思いのほか天気も良くて、ラッキーでした。ミツバツツジ狙いで1カ月前でも良さそうに思えました。
夢創歩
2015/05/24 22:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
両神山の鎖場を楽しむ 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる