夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 憧れの白馬三山縦走2015.8.7-8

<<   作成日時 : 2015/08/16 16:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

ずっと憧れていた白馬岳に山友と行って来ました、しかも白馬三山縦走を出来ました、好天に恵まれ花を思い切り楽しめ、この上ない山行でした

白馬丸山から見るサンセット
画像



今年行く予定の雲間に見えた剱岳
画像


仕事が終わってから、シャワーを浴び木曜の夕方、待ち合わせの佐久平へと高速に乗ってしばらくすると、アレー靴を持ってない事に気が付き、もう頭がパニックです、近くのICで降り、すぐ家まで戻ります、これ程の忘れ物は初めてですが、最近考えられないミスが多いです。


朝6時の猿倉山荘では出発前の人がもういっぱいです、今回買ったばかりの英語版GPSを使ってみます、地図をいれ、ナビゲーションして欲しいのでルートからGOでスイッチを入れます、(実際はポイントごとにブザーが鳴って、いいのかなーと思っていたら大失敗で軌跡が何も残っていませんでした)

朝出発前P場から見えた白馬岳
画像



画像


画像


画像


大雪渓は思っていたより人が少なく、ジュツ繋ぎではありませんが、スプーンカットの雪上は歩きにくく、思った以上に足を使っていたようです、4時間で第一目的の頂上小屋までの予定ですが、雪渓はもう終わりと思うほど短時間でしたが、その後が大変でした、時折涼しい風が来るのですが、とにかく暑くじっとしていられない位です、そんな中、山の案内人の人に水場を教えてもらい、避難小屋から少し上にあった、その水の美味かったこと、これ程の美味い水は初めてです。喘ぎながら登るとお花畑に着きました、濃い紫のトリカブトが目立ちますが、白、黄色、ピンク、紫、青、もう百花繚乱というのはこういうのを言うのでしょうか、天国の様です。



画像



画像


画像



画像



画像



画像



画像


画像



画像


画像


画像


時間を思い切り使って、花をカメラに収めます。予定の11時前頂上小屋へ着き、ランチを食べて小屋で宿泊手続き、荷物を軽くして白馬山頂へ向かいます。巨大な白馬山荘を通過すると、せり上がった山頂が招いてくれました。山頂は人が多くて方位盤の近くに寄れいない位です、ガスが少し掛って時よりみせるその景色に感動します。ガスが晴れるのを待ちながら白馬の山頂を満喫しました、さぁー喉も渇いたので白馬山荘でビールをと帰り道は足も軽いです。天上のラウンジで飲む生中は最高でした。

山頂から大雪渓を上から覗く
画像


画像


サンセットを見に丸山まで夕食後、日が沈む前、雲間から剱が威厳を放っています、今年はそこも行くぞと思いますが、今日の疲れを考えると早月尾根の日帰りは無理と判断するのが正しいようです。山頂で夕焼けを見るのは初経験です、旭岳脇に沈む夕日に、我が人生もあと少し、あの輝きのように終わりたいと、ちょっと思ってしまいました。

画像



二日目の朝もご来光を見ようと4時に起きて丸山へ向かいます、朝の空気がピーンと張って少し寒いですが遠くの山まで良く見えます、そして雲海この上ない演出に太陽は何処から登るのだろうと、高妻山と乙妻山の左、妙高の脇から明るくなってきました、

画像


カメラを引くと白馬山頂の脇から輝きました
画像



剱、毛勝三山
画像


毛勝三山から大日、剱、立山から槍穂高まで綺麗に見えます。鹿島槍は杓子、鑓ヶ岳の陰で見えません。いつか歩きたい山ばかりです。ご来光の光は徐々に揚がって心暖かい感じがします、その左には白馬岳が大きく威厳を見せていました。丸山の山頂は頂上山荘に居た人で一杯でした。自然と全てに感謝の気持ちが湧いてくる幸福感を味わいました。朝食を食べてこの日はロングの予定です、山の相談を受けている人はテレビで見たことが有ります、その人に予定を話したら、普通は鑓温泉で1泊するのを勧めるそうです、若くないので鑓温泉で足の疲れが50%だったら泊まる様にアドバイスを受けました。登山は持久力でなく瞬発力なんだそうです。納得させられます。


丸山から杓子岳、鑓ヶ岳
画像




朝で疲れも取れ快調な足取りですが、ゆっくり出来るだけ足の疲労を考え杓子岳、鑓ヶ岳山頂を踏みます、ザラ場の斜面にコマクサが咲いています、この稜線歩きの気持ち良さは格別です、

杓子岳で山友と
画像


シロウマリンドウ 固有種だそうです
画像


こちらも固有種だそうですが名前を忘れてしまいました。
画像




花に三脚を立てて撮っている女性、白馬の固有種を教えて貰い、山友は興奮気味です。鑓ヶ岳山頂の見晴らしは隠れていた鹿島槍、黒部ダム、遠く八ヶ岳その横に富士山までも見せてくれます。山頂タイムを取って満喫しますが、ここは離れがたい程良い所でした。天狗岳から唐松岳への登山道が続いていますが、鑓温泉に向かいます、


コマクサもありました
画像


鑓ヶ岳山頂
画像


鹿島槍ヶ岳へと続く稜線
画像



画像


画像


画像



画像


鑓温泉
画像


すれ違う人もそれ程多く無くてラッキーです。鑓温泉手前のお花畑も見事、露天風呂も3人程しか入ってなくてラッキーですが、ゆっくり味わって居られません、最後の4時間が待ってます。この日鑓温泉に泊まった人は1畳に3人とか、すごかったでしょうねー、


画像


キヌガサソウやサンカヨウ
画像


雪渓をいくつも越えて
画像




猿倉までは覚悟していた以上に暑さと長さと歩き難さで大変でした、飽きてしまって、また登るのー、あれ、温泉小屋が見えるけど2時間歩いたのにほとんど高度は変わってないよ、などとぼやきが出る始末です、膝の痛みを感じる頃やっと、林道に出ました、3時間半予定より少し早かったのですが、長かった猿倉までの歩きでした。

画像


画像


色鮮やかなヤマアジサイ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
白馬岳、お花がいっぱいで良かったですね!
登山靴の忘れ物に気付いたのが早くて良かったですね。
猿倉に着いてからだったら真っ青 !!
スカイラウンジでの生ビールはさぞ美味しかったことでしょう(^^♪
次は剣岳ですか〜?   楽しみですね。
orihimeff
2015/08/16 19:03
今晩は。
今頃の北アルプスの山小屋は週末はどこも1畳に3人は当たり前 くらいに混みます。とても寝ることはできず、最近は全部日帰りです。ここも猿倉からと蓮華温泉からと、何度か日帰りで行きました。少しきつくてもその代わり家でゆっくりと寝られます。早月尾根も日帰りでやるかたは結構いますが、私はまだやったことがありません。
インレッド
2015/08/17 16:38
ohihimeffさん こんにちは。
orihimeさんも行っていたとは知りませんでした、あれほどのお花畑は見たことが有りませんでした、行って良かったです。
靴を忘れるとはねー 、気を本当に付けないと今後が心配です。
山頂に泊まると夕焼け、ご来光が見られて感激しました、今度はテン泊してみたいです。剱、槍は休みを取らないと無理ですね、何とか今年中に行ってみたいです。
夢創歩
2015/08/17 17:11
インレッドさん こんにちは。
今回泊まったのは金曜日だったので、20人部屋に4人でした、テントは80張りあったので、orihimeさんの時より多かったですね。1畳に3人では安定剤を飲んでも寝るのはほとんど無理ですね、(見かけと違いナイーブなんです)(*^_^*)、白馬岳ピストンでも大変に思えますが、蓮華温泉の方はもっと大変ですよね、でもピストンでまた行ってみたいです。

私には早月尾根の日帰りはやめた方が良さそうです、1泊になると思いました。
夢創歩
2015/08/17 17:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
憧れの白馬三山縦走2015.8.7-8 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる