夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙高山2015・10・4

<<   作成日時 : 2015/10/06 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにクラブ山行に参加して新潟の名峰妙高山へ燕温泉から行ってきました。
今日は総勢14名です、最後尾から着いて行きますが、去年と少し違う様な気がしましたが、去年は人が多く付いて行くだけで余りよく覚えていません、

道中中程に見える紅葉の山容
画像




残りのウメバチソウが咲いていました

画像



ダイモンジソウも
画像


晴れを期待していきましたが上に登るにつれガスが掛って来ました、時折幕が開くように見える紅葉の山容に思わず声が出ます。燕温泉への道バスの進む道にこの先通行止めの看板が、あれ運転手は知っているのでしょうと思っていたら、トンネルの入り口にガードレールが塞いでいます。赤倉まで戻って関温泉経由で燕温泉に向かいました、温泉上部で身支度して7時過ぎリーダーの元歩きだします、赤倉源泉まで新道を進む予定ですが、去年の秋歩いているのですが、後に続いて行ったのではっきり道の記憶が有りません、左手が山側、右手が谷のイメージが強く残っていて、登山道入り口への林道などすっかり忘れてます、林道で少しウロウロして、他に無いので林道を先に進むと登山道入り口が有りました、これで2度間違い、さらに麻平から北地獄谷分岐と旧道の登山ガイドを予定してしまった為、分岐から麻平へ戻る間違いがあり2度あることは3度あるとは本当なんだと思ってしまいました。

どうみても間違いと去年の記憶がよみ返り胸突き八丁へ案内出来たのは私としては良かったと思いました。去年は人が連なっていたような気がしたのですが少し時間が遅いのか会う人が少ないです。それでも天狗平からは下山の人も増えて賑やかな山になり、可愛いペアルックで歩く山ガールに余りに恰好がいいので写真を撮らせて頂きました。

余りの格好良さに1枚写真を戴きました
画像


鎖場では渋滞でしばらく待ちました。空はガスってほとんど見えませんが時折さぁーっと雲が流れて青空や高揚した斜面が現れます。三田原山の稜線に雲が忙しく流れてゆきます。

画像



画像


岩場を登りきる頃強風に服を全部着て山頂を目指すと、僅かで南蜂に着きました、昼食の場所を求めて北蜂へ進みました。せっかくの山頂もガスが掛り風が強くてのんびりし難いです。
画像



風を避け昼食を食べて早々に下山します。
着こんだ服を徐々に脱ぎながら、ピストンでどんどん降ります。

雲が流れて風と共に時折見せる山容に思わず声が出ます。久しぶりのクラブ山行ですが、いつもと同じようにあたたかく迎えてもらえ嬉しい限りです。

画像


下の方の紅葉が盛りです。
画像


画像


麓に着くころ雲が忙しく流れ向こう側の神奈山の岩肌が見えて来ました。
画像


整備された登山道は露に濡れることもなく麓まで元気に歩けました。
去年は長助池から惣滝の近くを通って降りましたが、はやり新道は楽に予定通り3時半過ぎに燕温泉まで戻る事が出来ました。大きな山でメンバーは大変そうな人もいましたが私は最近では1番楽だったような気がしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
妙高山2015・10・4 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる