夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲含山から白髪岩(原三角点)へ1・17(日)'16

<<   作成日時 : 2016/01/19 17:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

午後3時ころまでの晴れ予報に、かねてから行ってみたかった稲含山から原三角点のある白髪岩に行って来ました。
このコースは一般的で無く危険もあるので入らないで下さいと書いて有ります。神社によってお許しを願い手を合わせてきました。
このブログを参考にしました。
http://21.pro.tok2.com/~acuphaicarz/shiragaiwa.html

ヤマレコには写真も有りますので見て下さい。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-798970.html

9時過ぎいつもの駐車場からスタートします、晴れて浅間山、荒船山、遠く白い北アルプスも見えています。
今日は稲含山は

今日の目的地白髪岩と左に赤久縄山
画像


注意書き
画像



通過点なので神社にお参りしてすぐに、ロープを潜って降ります。GPSにルートと地図を入れて、「楽しい群馬の山歩き」さんのレコと地図を印刷して臨みました。リボンは少なく踏み跡も薄く、方角頼りに降ります、急坂も有り少し緊張します、ここが第一岩峰だろうかと振り返ると稲含山頂に人がいます。

稲含山頂を振り返る
画像


最低鞍部を目指しどんどん急降下します、
画像




余りに角度があるので立木に掴りながら降りますが帰りの登り返しが大変そうです。鞍部近くになり広葉樹だった床に杉が見えだしました、鞍部
画像


さらに急降下
画像


杉の木が現れる
画像


何処が二つ岩なのか(間を通った所の様です)分かりませんでした、只間違いやすそうなので写真を撮って置きました。鞍部からは割と道らしき所にリボンも時々あり、進みます、今度は羽毛山らしいです、そこを右に巻いてさらに進む頃高度が稲含山と同じ位になりました。

今カシミールを見ながら振り返ると最低鞍部が1180m、羽毛山が1377m、物見山が1461m、白髪岩が1512mです、以前に調べていたのですが、忘れてしまって良い加減が災いします。

羽毛山の次の物見山も右の巻く道らしき所を進んでいたのですが、物見山だけ山頂を確認して置きたくて適当に登ると何とリボンがいっぱい有りました、物見山の小さい札を見つけ、
画像



その先が白髪岩と分かります、元にいた道まで戻るつもりで木の枝がたくさんあって歩きにくい斜面を適当に降るも、道が分かりません、仕方なく白髪岩の尾根を目指して登るとまた、リボンが有りました、でも道を失います、もうリボンはあてにしないで尾根を目指しすとリボンが再度現れ、三角点の白髪岩へ着きました。
画像


画像



物見山から尾根を辿る方に道(リボンが多数有りました)を行けば良かったです。予定の3時間少しで着けました。ラーメン昼食を食べ、青空から曇に変わったので早めに下山します。

物見山までは尾根を辿りすぐに着きました、羽毛山の巻き道も迷うことなく進み、稲含山が遠くですが見えだしまた。
画像



どんどん降り最初の鞍部に(1199m)着くとケルンが積んでありました。
画像


少し登りまた降り、最低鞍部。

ここから広い急坂を登れば良いと判っていたのですが、左に踏み跡がしっかり有りました、これを巻いて行けるのだろうかと不信なのにどんどん進んで、もしかしたらこのまま稲含山の途中に出るのだろうかなどと期待してしまい、やがて踏み跡が消え、戻るはめに途中にあった岩の沢を登り返して尾根にでればと、沢の横を木に掴りながら小1時間程もがいて、
画像




登り返た尾根に見覚えがあり、そこは第一岩峰の少し手前でした。行きも帰りも楽を思うばかりに迷ってしまいました。


稲含山頂に戻り少し安堵したら、遠く富士山が見えました。
画像



稲含山からの道では来た斜面に凍った苔が
画像


やはり注意書きのある通りで、あまり人に勧められないコースです。再度行くことがあれば、リボンを付けてきようと思います。今回は楽をしようと思うなかれ、危ない時はリボンを付けて進むべしと知りました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
原三角点の白髪岩、行ってこられましたね。お疲れさまでした!
私は2年前の4月に山の会で、同じく稲含山からロープをくぐって行ってきましたが、激下りして道迷いして大変だったので良く覚えています。
1人で行かれるってすごいですね。

戸神山は木彫りの鳥や動物が沢山迎えてくれて楽しそうな山ですね。
娘さん、お孫さんとの和やかな山歩きでいいな(^^♪
私はまだ行ってない山なので、暖かな日に歩いてみようと思います。
orihime
2016/01/20 09:57
orihimeさん こんにちは。
いつも有難うございます。
orihimeさんが山の会で行ったと聞き、前から行ってみたかったので実行してみましたが、途中歩きながら、どうして私は人の少ない所や、ちょっと危ない所が好きなのかと呆れてました(*^_^*)

かなりの急降下に帰りの急登を思うとねー、それにあの踏み跡で迷わない方が変です、やっぱり自分で印を付けて帰らないとですね。

戸神山は未踏でしたか、簡単すぎるので高王山と一緒に行きたいですね。両山の真中に駐車場が有るらしく、そっちの方が木彫りがいっぱいあるのかもしれません。レモンさんが何度も行っていますよ。
夢創歩
2016/01/20 14:19
お早う御座います。
白髪岩へは三年ほど前に赤久縄方面から行きましたもで1時間ほどで着きました。そのブログ記事は結構多くの方が見ているようです。
こんな不明瞭な山の時はGPSうぇお活用したら如何でしょうか。
PC修理中で暫らくコメントや記事のアップは休むかも知れませんが、再開したら宜しくお願い致します。
インレッド
2016/01/21 09:42
インレッドさん こんばんは。
迷い山は、終われば楽しいですが、やっぱり緊張します。
GPSも持って、迷った時に見たのですが、N20mとあったのですが、北に20mづれていると言う事なんでしょうか?
コンパスでルートとのかい離の線が出る設定がよく分かりません、研究してみます。
パソコンに頼って生活しているので、本当に不便ですね。
夢創歩
2016/01/21 21:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
稲含山から白髪岩(原三角点)へ1・17(日)'16 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる