夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 燕岳ご来光を夜行山行で2016.7.10

<<   作成日時 : 2016/07/12 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

土曜日天気がまぁまぁなら八ヶ岳の行者小屋に天泊して赤岳と阿弥陀岳を登って来ようと思ってましたが、余りに天気が悪そうなのでやめにして、天気予報を見ると夕方から雨がやみ晴れに変わりそう。
以前pikachanが夜中を歩いてご来光を見た燕岳へ日帰りで行ってみようと夜8時過ぎに家を出ました。一度も行った事が有りませんが燕岳は日本一整備されている登山道と聞いているので夜でも心配ないだろうと、期待して行きます。

素晴らしいご来光と雲海に会えました
画像



第1駐車場には雨模様にも空きが余り有りません、用意してすぐに歩きだします、空を見ると満天の星空です、期待が膨らみます。登山口が分からぬまま、アスファルトの道をしばらく登ると中房温泉が有り、電灯が自動で付きました。トイレ脇に登山道があるようです。トイレに入ると電灯が付いてヘッドランプの電池を新しいものと交換しました。温泉の人でしょうかトイレに起きてきて道を確かめました。登山道に入ってしまえば迷う事は無いでしょう。

樹林の中は真っ暗でヘッドランプを消すと一歩も動けません、ずっと雨が降っていたと思うのでスパッツを付けたのですが不要の様でした。上を見ると雲か霧か細かい粒が目に映ります、濡れることは有りません、かなり急登ですが本当によく整備されて歩きやすいです。市毛良枝さんの初登山がこの道だったと本で読みました。登っている時は分かりませんでしたが大体30分位で1ベンチの様です。ベンチで地図を確かめます。 

第2ベンチ手前にあった合戦小屋へのケーブル櫓
画像



寒さは感じませんが熱くも有りません、夜中のソロ歩きはやっぱり気持ち悪いです。

合戦小屋に着く、広くて登山口を探す
画像


合戦小屋では広く過ぎて登山道が分かりにくかったです。合戦小屋の上は急登も少し緩むようです、4時前東(後ろ側)が少し明るく見え夜明けが近いことが分かります、

画像




樹林も低くなり見渡せる所でみる色がすごいです。どんどん明るくなってきます、

画像



何時に陽が登るのか調べて来ませんでした、樹林も少しありますが後ろを気にしながら広い場所を探して登ります。
画像


アップにすると
画像


画像


ご来光の瞬間を撮るのが目的なので4時15分頃広い所があったので、そこに根を下ろしますが風が強く寒く雨具を来ますが、ダウンを持ってくるべきと思いました。この寒さですっかり体調が悪くなってこの後かなり辛かったです。ガスとストーブは持ってますがお湯とラーメンを持たずに来たのを悔やみます。

4:40過ぎご来光が上がってきます。
画像


刻々と変わる空の色、雲海がすべてに広がり、私にとって富士登山以上のご来光です。この場所で見える光景を体で独り占めです。
画像


画像


画像


贅沢すぎる瞬間を過ごしました。富士山も見えてます。こんなに大きいとは。
画像




最後あと僅か燕山荘を目指してすっかり明るくなった道を登ります。

小屋手前のお花ウマノアシガタでしょうか。
画像


小屋脇で咲く花
画像



花も雨粒をためて咲いていますが、寒さが原因なのか体調が悪くなっています。力が入りません、燕山荘には寄らずに山頂を目指しますが辛くて足が進みません、花を撮りながら休み休み登ります、ご来光を山頂で過ごした人がぞくそくと降りて来ます。

コマクサがありました。
画像



イルカの岩で写真を撮ってもらいました。
画像



槍ヶ岳も北アルプスの稜線が目の前ですが楽しむ余裕がありません、
画像


画像


花を見つけると写真を撮って休みます
画像


画像


鹿島槍のようです
画像


画像


画像


山頂手前で帽子を飛ばされて慌てましたが拾う事が出来て安堵、山頂はなおも風が強く長居出来ません、北燕岳は元気なら行ってみたい所ですがあっさりと諦めすぐに下山します。

画像


画像


燕山荘で朝食を食べてしばらく休もうと思いました。談話室か自炊室があれば借りようと思い小屋に入りましたが、朝で人がいっぱいで休む雰囲気で無さそうとすぐに出ましたがストーブの暖かさが嬉しかったです。裏の方に回れば休めるところもあるだろうかとぐるっと回りましたが、見つかりません、小屋の東側にベンチとテーブルが有り、雨の無いそこを借りて休みました。

画像


小屋の脇に咲く花イワツメクサ
画像


ヨグバシオガマ??
画像


冷たいうどんを食べるつもりでしたが、熱くして煮込みうどん風にしましたが旨さが感じられず、半分くらいやっと食べ、大福をコーヒーで押し込み、太陽の温かみを感じながら40分ほど横になっていたら、腹の辺から暖かさを感じ徐々に回復しているのが分かりました。

画像


燕岳山頂
画像


画像


画像


画像


画像




8時前下山開始します、ぞくぞくと日帰りの人が登って来ます。第1ベンチ下まで登ってくる人がいますが、だんだんとその様子から泊まりの人と分かります。やっぱり泊まって稜線歩きをしないと中途半端です。次回は泊まりで来ようと思いました。休んだおかげですっかり元気を取り戻して下山できました。防寒着を1枚持たないと高い山はだめだと分かりました。注意していたのですが体調を崩したのは富士登山以来で苦しかったです、いい勉強になりましたし、無理は余りしない方がいいと思いました。

画像


中房温泉の下の道に咲くウツボグサ 色鮮やかです。
画像


最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
体調が悪かったようですが、頑張りましたね。ここは私も日帰りで3度ほど登っていますが。合戦小屋で名物のスイカを塩をいっぱい振りかけて食べ、体調を整えたことがあります。
インレッド
2016/07/13 19:37
体調崩されて大変でしたが、素晴らしいご来光と雲海に出会えて良かったですね。
燕岳はいつも燕山荘に泊まってアルプスを眺めのんびり楽しんでいます。
以前北燕岳を歩きましたが、豪雨の後で渡渉の河川が荒れていて大変でした。
orihimeff
2016/07/13 22:21
インレッドさん こんばんは。
コメントありがとうございます。
時間的には日帰りで十分ですが、やっぱりちょっともったいないので次回はテント泊で計画したいです、そんなソロの山ガールもいました。やっぱり合戦小屋ではスイカを食べないとでした、人がいっぱいで休む場所探しも大変位な感じでした。
体調を心配しながら登ったのですが、休みと寒さの計算が不足してました。
夢創歩
2016/07/13 22:59
orihimeさん こんばんは。
コメントありがとうございます。色合いが見にくいですね、ごめんなさい。
燕山荘のホルンを聞いてみたいですね、向こう側の北燕岳は人も少なくて静かで良いらしいですね、雨の後は怖そうです、表銀座の後に行ってみたいです。
夢創歩
2016/07/13 23:03
日帰り、それも夜中発ですかあ…
ご来光が一層素晴らしかったことと思います。。
雲海もいいですね。
私もいつの日か、のんびりテント泊で眺めたいものです
kyou
2016/07/15 08:24
kyouさん こんばんは。
蝶ケ岳といい、燕岳も夕焼けとご来光を見るのには最高の山です、テント泊しない手はないですね。今回も良い天気が当たってラッキーでした。kyouさんは今日は北岳ですかー?良いですねー。是非行ってみたい山です、しかも明日は良い天気そうですよ。今頃山頂のテントの中でしょうか。ウラヤマシイ
夢創歩
2016/07/16 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
燕岳ご来光を夜行山行で2016.7.10 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる