夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 尾瀬富士見下から三条ノ滝へ2016.10.15〜16

<<   作成日時 : 2016/10/25 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

以前山友のインレッドさんから聞いていた富士見下から富士見峠、竜宮、三条ノ滝のコースを歩いて見よう。超ロングコースなので富士見小屋でテン泊して行く予定です。富士見小屋でテン泊出来るかどうか分かりませんが、今は休業中だそうなので多分大丈夫だろうと、それを願ってます。土曜の午後富士見下は駐車場も登山口前も車が満杯です。今は寂しい登山口を想像していたのでびっくりしました。

アヤメ平の下沼地から見る燧ケ岳
画像




15キロを背負って歩き出すと三々五々下山してくる人とすれ違います、広い林道は歩きやすい緩い登りが延々と続きます、高度が上がるにつれ紅葉が綺麗になってきて疲れは余り感じません。
画像


良い天気です
画像


画像


画像


峠手前から見るアヤメ平
画像


峠手前で一眼レフで麓を撮る人に追いつき話すと前橋の人でアヤメ平で夕焼けを撮りに行くそうです、この日程良い天気は稀なので楽しみと言ってました。明日行けるかどうか分からないので私も小屋に荷物を置いて登ってみました。     


峠から20分程登るとアヤメ平の草紅葉に木道がどこまでも続いています、広〜いピークの原で実に気持ちがいい所です、
奥白根が大きく見えました。
画像



画像


至仏山とアヤメ平
画像


画像



燧ケ岳が近く、反対側には至仏山、今日の夕暮れは最高と
大きなザックのカメラマンがその絶好の時を待っていました。山頂でテン泊もいいなーと言いましたら、このアヤメ平は風が非常に強い所らしく、テン泊には向いていないそうです。年に何度もここへ来ていいショットを求めるようです、私も雪の時にもう1度来てみたいと思いました。


小屋は閉まっているはずなのに中に人が見え富士見小屋の車も止まっています、テン泊の許可を貰おうと扉を明けると何と知り合いがいて、小屋に泊めてもらえる事になりました。夜は家の中でシェラフにくるまっても少し寒かったのでテントだと寒くて眠れなかったかもしれません。


ほとんどの荷物をデポして5時前にスタートして竜宮目指します、真っ暗な登山道は木道が有り急坂はなく歩きやすかったです、段々と明けてきて木々の色が色づいているのがわかります、下の方にもやった尾瀬ヶ原が見えます。
画像



画像


画像


竜宮の小屋には寄らず東電小屋方面に真っ直ぐ進みます、朝霧がたちこめ冷え込んだ尾瀬ヶ原を包んでいます、幻想的な雰囲気です、まだ人もほとんど居なくて雲の中を歩いているようです、
画像


画像



画像


遠くヨッピ橋方面が見えて来ました。ベンチでちょっと休んで東電小屋を目指します。

画像



2日目の工程
宿泊地04:4905:19土場05:2005:29長沢頭05:3206:18竜宮十字路06:1906:40ヨッピ吊橋06:4706:50ヨシッ堀田代06:5106:59東電小屋07:0007:07東電尾瀬橋07:23赤田代07:30温泉小屋07:35温泉小屋・三条ノ滝・御池方面分岐08:04三条の滝・尾瀬ヶ原・御池 分岐08:0808:15三条の滝展望台08:2908:37三条の滝・尾瀬ヶ原・御池 分岐08:3808:56三条ノ滝・御池・小沢平方面分岐09:00三条ノ滝・御池・渋沢温泉方面分岐09:0309:43温泉小屋・三条ノ滝・御池方面分岐09:47元湯山荘09:5609:57温泉小屋10:06赤田代10:25見晴(下田代十字路)10:2810:31桧枝岐小屋10:3411:34昼場13:00富士見峠13:03冨士見小屋13:3813:58アヤメ平下13:5914:16元休憩所14:1714:28馬洗渕14:42田代原14:4314:54十二曲り14:5515:13ゴール地点 富士見峠から富士見下まで2日目工程 山行 8時間54分 休憩 1時間30分 合計 10時間24分


スティックパンを食べながら木道を歩き三条の滝へ8時半頃着きました、


平滑の滝
画像



三条ノ滝
画像


画像


画像


展望台は冬の間は途中までで下の展望台へは閉鎖されて行けませんでした。時間が早いので御池方面へ急坂を登って違う道を帰りましたが後から思うと遠回りでした。


画像


見晴で水を汲みテント場の横を通っ八木沢橋コースを登りますが、富士見峠まで遠く急登もあり、景色を見ながらがキノコを採ったり、景色に見惚れ何枚も写真を撮りながら2時間半掛かって富士見小屋まで戻り、遅い昼食を食べました。このコース、今は紅葉シーズンで時々人に会いました。

画像



画像


見晴 泊まったことがある桧枝岐小屋
画像


林道の紅葉を愛でる
画像


画像



画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


富士見小屋からは林道を下るのみで、変わりゆく紅葉を楽しみながら二日とも好天気に感謝し下山しました。久々の土日の晴れに帰りの120号線は渋滞していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
以前、アヤメ平を歩いて富士見小屋に途中寄りした時、感じの良いご夫婦?がいらした気がします。
小屋締めは淋しいですね。 休業ですか?
どなたか代って続ける人はいないのでしょうか。

早朝の冷え込んだ原の風景 素敵です!
三条の滝は変わらず水量が多いようですが、見晴台まで行けないのは残念だったですね。
orihime
2016/10/26 21:53
orihimeさん こんにちは。
富士見下から富士見小屋は林道で歩きやすいです。ただ広い道が何となく物足りない気もしますが・・・

確かな情報では有りませんがもしかすれば小屋が再開するかも知れない様です。アヤメ平と共に良い場所ですものね。

見晴台から眺めたかったのでまたいつか行ってみたいです。1泊すればそれほど疲れるコースでは有りません。陽の長い時期に行って夕焼けやご来光をアヤメ平から見るのはいいでしょうねー。
夢創歩
2016/10/27 16:46
三条の滝まで日帰りで行くとかなりロングコースになりますが、私の場合は更に御池方面に行き、トガクシショウマを見てから三条の滝に行きました、その上まだまだ峠には雪もたくさんあり、富士見下には暗くなってやっと着きました。
インレッド
2016/10/28 19:28
インレッドさん こんばんは。
コメントありがとうございます。
3か月大変でしょうがしっかり養生して下さい。
御池まで日帰りですかー? いやー私には無理です。三条の滝は見晴台に行けなかったのでまた行ってみたいです。アヤメ平が好きになったので雪のある時に行けたらいいなーと思ってます。

インレッドさんに無許可でしたが注意喚起して欲しい事もあり、ヤマレコの日記に今回のブログの紹介しました、650人位見たようです。
夢創歩
2016/10/28 21:59
こんばんわ
最近ハードな歩きですねえ。
尾瀬の紅葉はもうお今年は終わりでしょうか?
三条の滝はまだ歩いたことがありません。
来年の日が長いときにでも行ってみたくなりました。
kyou
2016/10/29 20:07
kyouさん こんにちは。
コメントありがとうございます。
富士見下から三条の滝は遠いですねー、見晴まで4,5時間かかるでしょう、見晴らしに1泊すれば楽ですが・・・夏なら問題ないでしょうが展望台が閉まっている期間があるようなので調べて行った方が良いようです。kyouさんなら日帰り全然問題なしですよ。(#^.^#)
夢創歩
2016/10/31 16:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
尾瀬富士見下から三条ノ滝へ2016.10.15〜16 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる