夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日白山が嬉しい2017.3.1

<<   作成日時 : 2017/03/03 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

今冬の目標は何といっても小出俣山です。去年あと少しの所で断念しました、川古温泉から入るその山は登山道がなく雪のある冬限定の人を寄せ付けない山です、でも谷川岳からその燦然と輝く美しい山は知った人には一度は行って見たい山なのです。その小出俣山へ行った後、さらに三尾根岳、松ホド山、十二社ノ峰と尾根を縦走してみようとNさんと1年前に約束しました。その難関の山に行けるように心足を作っています。

山頂風景動画です
https://www.youtube.com/watch?v=37q69mbhq6E&feature=youtu.be

さて今日は大変だけど雪庇歩きが楽しい日白山に向かいましょう。一昨年に来ているので随分気が楽です、只楽しかった思い出が多く辛かった事はすっかり忘れています。この山も冬限定の登山道の無い山です、登るコースはいろいろある様なのですが、前回と同じ東谷山経由のコースです、朝4時半に家を出て来ました、まだ静かな二居の民宿街を6時半、キーンと冷える道は除雪が行き届いて雪も氷もありませんが周り中雪が背丈より高くなっています。文明屋の横を登ると二居峠の登山口です、すぐに雪の上に乗って登り開始です、スノーシューやワカンのトレースがありツボ足で滑らない様に一歩一歩登ります、すぐに赤い鳥居がほとんど雪に埋まってあります、地元の神様でしょう、今日の無事下山を祈り手を合わせます。
画像



深い雪ですが冷えて締まった雪は何とかツボ足で東屋のある峠まで登りました。前回より5分早く峠に着きました、ここからは雪庇の続く角度もある所を歩くのでアイゼンを付けて行きましょう、衣類調整をして歩き出すと朝日に輝く峰が青空にキラキラ光って綺麗です。
画像



昼頃までは青空が望めそうです、雪が締まってアイゼンの金属音が小気味いいです。朝日が雪庇を照らしダイヤモンドのように光っています、一登り雪庇を登ると鉄塔が見えました、二つ目の目標物です、大きく見えてすぐに着きそうですが中々大変、着きません。少しなだらかな林を登って鉄塔に到着、やはり予定の5分前です。

画像



登って来た尾根を振り返る
画像




鉄塔から東谷山の山頂までは長い雪庇の登り、雪庇がうねり張り出し急角度の所もあり落ちない様にトレースの跡を踏んで登りましょう、後ろを振り返ると苗場山が見えて来ました、前を見ては1枚、後ろを見ては1枚と5分も過ぎると景色が変わり、写真を撮る度に止まるので中々ピッチが上がりません。気持ちが楽なので体も楽なのですが景色を楽しみながら登ります。下の方には二居の町が見え、苗場スキーの筍山には建物が見えます。東谷山が近くなって雪庇の尾根からブナの林になって来ました、朝日が長く影を落としています、静かなブナの林は何とも気持ち良いです、
画像


画像



徐々に登って行くと平標山が見えて来ました、広ーい尾根道になり東谷山が近いです、あそこまで行ったら一休みしようとさらに登り、やっと山頂です、湯沢の町が見えます、岩原スキー場の飯土山がよく解ります平標山、仙の倉山が見えだし、遠く向こうの方に今日の目的地の日白山が見えました、尾根が平標山まで続いています、反対側はタカマタギもよく見えています。地図を広げしばし山座同定、余りにゆっくり登ったので前回より20分も余計に掛かりました。
画像


画像



雪が少し緩んできたのでワカンに履き替えます、土樽の山が白く連なっています、20分程休んでからさぁ目標の日白山へ向かいましょう、
画像



ここからは角度は余りないのですがアップダウンで距離は長いです、全部見えるので余計に遠く感じます、それら纏めて楽しみながらゆっくりと進みますと、
画像



あれっ下の方に道が見えるぞ、二居の町から登れるようなのですがピッケルを持って
一度登ってみない事には危なすぎ、帰りにまたよく見ましょうと先へ進むと平標山、仙の倉に続き万太郎山が見えて来ました。
画像



こちらの尾根の方が時間が掛かります。、朝家を出る前に登山届をネットから提出した、ポストも無いし万、万、万が一の時登山届が無いと困ると思い提出した、毎回山に行く時は朝早く妻を起こさない様に静かに家を出るのだが行き先の山名を書いて来る、妻は起きると仏壇に無事を祈ってくれるそうだ、山の名前を見ても何処か分からないのだが、私も無事に帰るのが約束事と思っています。


余りの景色の移り変わりに目を奪われ何度も何度もカメラを出したりしまったりで少しも前に進んでいません、
遠く日白山への稜線
画像


画像


振り返ると
画像


手前の小ピーク
画像


あれは武能岳だろうか日白山の手前のピークがせり上がりがキツイ、時間と体力が有ったらタカマタギ往復しようと思っていたが・・・やっと長い登りを越えて山頂はすぐです、谷川岳が大きく迫って来ました。絶景です、しばしカメラタイム。タカマタギにも松手山へもトレースが1つ見えます、トレースが無かったら行ってみようと思うけど、ここで終点にします。
画像




下の方に長釣尾根の元部の群大ヒュッテが見えます、あれが長釣尾根の様です。登ってみたいけど群大ヒュッテまでのアクセスが分かりませんが大変そう。
画像


長釣尾根 角度がすごい
画像



風の無い山頂でまったり昼食を食べまた地図を出して山座同定。時間はさらに20分も余計に掛かりました、少々楽しみすぎですがまぁ良しとしましょう。今日は勿論誰一人会っていません。独り占めの山頂です。時間は12時さぁ帰りましょう、

平標山に続く尾根、途中に長釣尾根の上部
画像


画像


帰りはあの下の道らしき所を確かめ、降りられそうか見ましょう、後はスルーして歩きます、帰りも気を付けてと深い新雪を楽しみながら、気が付いたのですが東谷山から先は前日かその前の一つのトレースだけでした、東谷山までが多い様でした。この山頂を越えれば本当に下りのみです

登ってきた日白山を振り返る さようなら また会う日まで ありがとう 
画像



東谷山を過ぎて降りていくとスキーを履いた若者が10人程登って来ました、ガイドがいるツアーの様です、17歳の兄ちゃんはR君のようです、みんな元気に登って行きます、
画像




さらに下ったら声がしてガイドを連れたおばさんは山スキーに不慣れな様子で登りに苦労していました、あれでは多分東谷山までは無理でしょう。

画像



すぐに鉄塔が見え峠まで僅かです。一気に下って峠もノンストップです、トレースを辿らず勝手に斜面を降っていたら最後の人家近くになってズボッと両足嵌ってしまい、足が抜けません。ザラメ雪がワカンを上から抑えてしまいました。右足は何とかワカンを手で掴み出しましたが左足は尚も硬くビクともしません。
画像



雪崩で埋った時身動きできないと聞いたけど信じられなかったが実感しました。ザックを降ろし手で雪をほじって少し間を作りさらに手を入れてワカンを持って足を引き出しました、10分位掛かりました。その後は遠回りでも踏み跡を辿って登山口まで着きほっとして真っ赤な鳥居に感謝の手を合わせました。楽しかった雪庇歩きの日白山登山に雪状態の確認の収穫と満足感が湧いて疲れを感じ安心して、気を引き締め岐路に着きました。


民宿街の二居から見上げる尾根、あそこをのぼりました
画像



長文読んでいただき ありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた日白山でしたか、好きですね。
長釣尾根はタカマタギに登り日白山に登って降りる時に長釣り尾根を降りる方がたまにはいるようですよ、そうすれば下山してから登り口にすぐに戻れます。
インレッド
2017/03/05 20:25
雪庇の長く続く道や静かなブナ林綺麗ですね。
谷川連峰など一望、素晴らしい景色ひとり占めとはなんとも贅沢です !!
目標の小出俣山に近づきましたね.
orihime
2017/03/05 21:26
日白山と言い、タカマタギといい、この辺りは素晴らしい山がありますね。
純白の尾根にトレースを付けるのも気持ちいいし、それを振り返って眺めるのも最高です。
そいかも素晴らしい景色とくれば、毎年でも行きたくなりそうです。
小出俣山、興味あります。早く登ってきてください(^^♪
kyou
2017/03/06 09:13
インレッドさん こんにちは。
タカマタギから登ってから長釣尾根に縦走ですかすごいですが私にはちょっときつ過ぎの様なです。チャンスがあったら
毛渡沢、群大ヒュッテ、日白山のピストンをしてみたいです。
夢創歩
2017/03/06 16:44
orihimeさん こんにちは。
インレッドさんに教わったこのコースは本当に気持ち良い所ですよ、チャンスがあったら東谷山まででも行って見て下さい、アイゼンで歩いた方が安全だと思います。
夢創歩
2017/03/06 16:47
kyouさん こんにちは。
天気が良ければ本当にここは最高ですね、しかも雪庇が歩き安いです。ただ人がいないのでその分注意をしないとですね。小出俣山の前に12日に阿能川岳に行く予定です。
夢創歩
2017/03/06 16:57
阿能川岳ですかあ。
行きたい!付いて行こうかな?って気分ですが…
残念ながら、この日はマラソン大会。
残念!
今度、都合がついたら誘って下さい。
kyou
2017/03/06 22:15
kyouさん こんにちは。
あれまー マラソン大会でしたか、小出俣山の時はまた声を掛けますので、チャンスがあったら一緒に行きましょう。
夢創歩
2017/03/07 14:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日白山が嬉しい2017.3.1 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる