夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐松岳2017.3.18

<<   作成日時 : 2017/03/21 16:39   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

長野方面は天気がよさそうな土曜日、前から1度見て見たいと思っていた唐松岳へ朝3時に家を出発しました。更埴インターを降りて白馬に向かいました、夜中で何処を走ったのか分かりませんが細い峠道を通過して、有料の料金所からは道がよくなりトラックが少し走るくらいで高速道路の様でした。6時前に白馬の八方の湯のある駐車場に止め付近にあるバスターミナルで地図をみてゴンドラへの道を確かめ、朝食を食べてから用意してスキーとスキー靴を持ってゴンドラ駅に向かいました。

画像


駐車場から見える五竜岳に興奮します
画像


朝は寒いですが道路は濡れてもおらず歩き安いです、登って行くと何年か前に夏クラブで連れて来て貰った風景になりました。ゴンドラ駅に着くと7時前もう列が出来て40人位の人が並んでいました、登山届が無いと切符が買えないと聞いていたのを思い出し、それを書いて戻ってみると列は倍以上になっており、また最後に並び替えました。前後の人に1声かければ良かったと思いましたがまだチケット発売前です。滑る人より登山者の方が多く見えました。


ゴンドラ、リフトと3回乗り継いで八方山荘に着きました、登山者がいっぱい用意をしています。山荘のトイレ並びでいっぱいです、それでも女の人はここから見晴らしが良すぎて用を足すのは難しいです、私は諦めスキーをデポして登山者に混じって歩き出します。
画像


歩き出して振り向くと続々と登ってきます
画像


リフトに乗っている時から五竜岳、鹿島槍ヶ岳がでっかく見えてます。白馬3山も大きく、後ろを見ると城山塊が薄く雲がかかってます。一番高いのが妙高でしょうか。


広い雪面にトレースと前を行く列で長くなっています、最初から長い登りにすぐに息が切れてきます、急くつもりはないのですが前に後ろに人がいるとついつい同じペースで、疲れてしまいます、長丁場無理は良くないと横に避けて一息ついては五竜岳、鹿島槍ヶ岳を映しています。

青空に向かって登る列が長いです
画像


巨大な景色に心を奪われながら、長い登りを越すたびに近くなる白馬三山、五竜岳、鹿島槍ヶ岳。
画像


画像


画像


見えるだけに急登が大変ですが時々休み休み登ります。何度か急坂を越えて行くと熱く感じ脱いだのですが急に寒くなります、アウターを着てさらに防寒着を着ました。

登って来た後からは続々と登って来ます、とにかく広い空間です。
画像


画像


さらに登る、どんどん登る
画像


不帰の剣が近くなりました
画像



丸山ケルンに着きました
画像



スキーの人もここからはアイゼンに替え担ぐ、段々近くなります。
画像



鹿島槍ヶ岳が五竜岳の影になり、雲が薄くかかってきました
画像


画像


登りついた所は頂上山荘の上の広場、唐松岳が目の前でした、登る人の列が見えます
画像


山頂アップ
画像


山バナナ
画像



一服してから山頂目指します。山荘から唐松岳山頂は僅か、12時前に到着しました。山頂では50人位の人がいました、 剱岳をバックに
画像




風が無く、暖かく嘘の様です、  五竜岳と稜線
画像


剱岳は薄く立山もさらに薄く、槍ヶ岳はあそこだろうかと想像する位です
画像



スキーで降りる人が準備してますが、聞けば不帰の剣方面に少し下った所から沢を降るようです。45度以上あるでしょうか、すごい角度です。
画像


山頂を目指し登ってくる人々
画像




いい天気ですが徐々に曇ってきています。山荘横でテンパクの用意する人と話しながら昼食を食べ下山しました。下山も長い、本当に長かったです。
画像



後を振り返ると、山がまた来いよと言っているようでした。
画像


八方池
画像


1時間半、リフト駅と八方山荘が見えました。 見えるだけに遠く感じました。有難うございました、また来た時も笑って下さい。
画像


大パノラマの初唐松岳、特有の強風は無く優しい天気で大満足でした。紹介してくれた山友に感謝の1日でした。

スキーで降りるとゴンドラ山頂駅下にはゲレンデの真ん中に足湯があり、大勢の人が楽しんでいました。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
又々やりましたね〜!!
風が無く素晴らしい日に登頂出来て良かったですね。
それにしても沢山の人が登りますね。
5年前の今頃天気の良い日に唐松まで歩きましたが、登山者はこんなに多くなかったです。
この白馬八方にはスキーで何回か来てますが、強風でゴンドラや上のリフトが動かないことが時々あります。
穏やかな日で展望も良くて最高!!でしたね(^^♪
orihime
2017/03/22 22:43
この日は案外天気が良くて暖かな日でした。
北アルプスで日帰り登山が出来る山は少ないですから
相変わらず混んでいるようです、最近は外人さんも
多いようです。
インレッド
2017/03/23 09:14
orihimeさん こんにちは。
初の冬の北アルプスは優しく迎えてくれました。後立山が目の前にズラッと見え興奮しました。5年前に行ったのですか、すごいなー、最近は特にどこでも冬山登山者が多いですよね。八方尾根スキー場はこの年になって初めて滑りましたが、広くてさすがと思いましたが、BCスキーヤーは山頂から唐松沢を降りるそうです、何かあった時はあの谷から登りあがれない斜度に見えました。
少し遠いですがまた行って見たい山になりました。
夢創歩
2017/03/23 16:54
インレッドさん こんにちは。
初の冬山北アルプスに興奮しました。やっぱり高度や景観がちょっと違いますね。外人さんが多くゴンドラの係員が英語で案内しているのにビックリしました、そういう時代なんですね。余りに賑やかさに静かなブナ林を一人歩く方が贅沢ですね。(#^.^#)
夢創歩
2017/03/23 17:01
唐松岳、雪の時に行きたいのですが、チャンスが訪れず。
今度誘って頂きたいです。
小出俣、タカマタギも行きたい山の一つです。
chiaki
2017/03/25 19:10
chiakiさん こんにちは。
見落としてました、遅コメになってすみません。
唐松岳は天気さえ(強風でゴンドラが動かない時があるようです)良ければ、列で登っているので付いて行けば登れちゃいます、ソロでも全く心配入りません。
小出俣山、阿能川岳は一人は危ないですね、日白山は今ならトレースもあり歩き安い山です(少しロングです)、次回行く時は声を掛けさせてもらいます。
夢創歩
2017/03/31 16:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
唐松岳2017.3.18 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる