夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 十二社ノ峰敗退・三国山2017.3.25

<<   作成日時 : 2017/03/27 22:16   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

十二社ノ峰を松ホド山まで登るつもりで行ったが、今日は危険なことはしまいと思ってザイルは持たずに来た、いつか行けたら辿ってみたい小出俣山から十二社ノ峰を降るのは余りに危険と先日小出俣山から偵察した、下から登って様子を見ようと取り付いてみた、山友のNさんは十二社ノ峰まで行った事があるそうです。天気の具合で急に思い立ったので今回は登山届を出してないのも場所が場所だけに気がかりです。

大好きな木漏れ日のブナ林を登る(三国山)
画像


上武国道が全線開通しました、迂回が無くて朝は早かったです。
画像


川古温泉に伸びる尾根を下から登ってみるつもりです、地図で見ると千曲平に降る尾根の方が安全と思うのだが千曲平までの林道歩きが1時間掛かるので、直に登る方が大変そうだけどと登ってみた。かろうじて人が通った跡がある取り付きは岩が濡れて滑りやすい、何度目で3,4m上がって取り付いたが、降りる時は難しそうだ。

岩は危なすぎで回避
画像


行く手を阻む岩
画像




画像



昨日10センチほど雪が降った様で枯葉の上にある程度の雪だ、少し登ってアイゼンを履く、尾根の高い所を外さないように急登登る、枯葉がアイゼンについて団子になるので払いながらです。少し行くと水のタンクがあった右側は崖なので左側の登れそうなルートを探し探し登って行く、木のない所は注意深く横を巻かないで上の近くを登っていくと、降りの岩を木に掴まって降りた、その先は長さ5,6mの細い岩のコル、木は無く不安定な幅50センチ、その先を見ると上にも横にも越せない岩が10mの高さである。とにかく戻るかコルを越すかコルの先は右側に降りられそう、右を巻けば先にも行けそうだが岩が多いのが続くとなるとさらに危険だ岩も少しだけ脆い感じがした、岩に掴まって足場を確保しながら中ほどまで進んだが・・・もうすっかり諦めモード岩場を登りながらも下りが心配になっていたのです。コルの中間から戻りながら少し下に下れるルートを読んで岩場を通過した。下の斜面は楽に降れそうに見えたのだが、雪で見えない急斜面だが注意深く少しづつ下りトラバース気味に降ると水のタンクの所に出た、1時間余りの試しで終わってしまった。

最初からタンクの所の右の崖の横を巻いて登れば良かったかもしれないと思った。地図でみるとここからずっと急登が続くので千曲平からの尾根を登る方が良いのかもしれない。下からなら松ホド山までならそれほど大変でなく行けるかと思ったが敢無く敗退でした。

三国山登山口
画像



歩き始め
画像




大好きなブナ林を登る
画像



さてまだ9時過ぎ家に帰ろうかとも思ったがせっかく猿ヶ京まで来ているので、まだ行った事がない三国山へ行って見ようとトンネル先の登山口駐車場に10時頃車を止めました。地図も持ってないけどトレースが有るだろうと用意していると隣に止まった車の夫婦も登る様子です、聞けばその夫婦は何度も夏冬、三国山に来ているそうで今日はとってもいい山ですよと言っています。様子が分からないのでアイゼンを付けワカンを持って行くとトレースがとても上手く付いており楽に登って行けます。ツボ足とスノーシューの後が見えます。少し登ると前に夫婦1組と3人グループがいました。3人グループは2人は初心者の様です、先はトレースが無い様ですが、夫婦の女性は先にどんどんラッセルしてすごいなーと、トレースをもらって、少しなら代わりますよと、でも方向が分かりません。広い尾根を登れば良いらしく、適当に登り始めました。上手にコースを作ってなど出来ないので基本直登で登ります。先日の赤谷山から比べると雪も硬くずっと楽です。横を見たら後から来た隣の車の夫婦が離れた所を登って行きます、人の道は楽に見え追いかけトレースを頂きます。追いかけますが早くてとても追いつきません。峠のコルに着きました
画像




、二人は慣れている様で上手にコースを作って登って行きます。
画像


雪庇を登る
画像


画像


画像


17号線上に伸びる尾根
画像


峠からは樹林がなくて雪庇の尾根で見晴らしがすごくいいです、急角度の雪庇で踏み抜きも少し有りますが景色を楽しみながら2時間と少し掛かって、
夏道の木の階段がみえました
画像


吾妻耶山、仏岩のコルが見えます
画像



尾根とくねくねの17号線が見えます
画像



12時半頃山頂に着きました、夫婦は少し下がった所で休んでいます。山頂の展望は西から北までズラッと見えますが、今日はすこし霞んでいます。稲包山へこの稜線を辿って行けるとインレッドさんに聞いた事があります、一番高い所で昼食にしました。平標山は残念だけど木がじゃましています。下山前に夫婦の所に行くとそこは樹林が切れて平標山が丸見えです。
画像



阿能川岳と小出俣山(顔が映っているのでぼかしました)
画像


谷川岳
画像


三国峠から稲包山への雪庇の稜線
画像


稲包山、佐武流山はガスっています
画像


さらに先日行った阿能川岳から小出俣山がよく見えます。上州武尊山も目の前の様に見えます。谷川岳はガスっていました。17号線が尾根に沿って、くねくねと下に見えます。初めての三国山でしたが良い山と言われるのがよく解りました。これでニッコウキスゲの花の時期はまた見事でしょう。帰りは1時間余りで下山しましたが、隣の車の夫婦の早さに(*_*)尻セードで急な雪庇を降りたようです。駐車場で話したら前橋の人でした。

トンネルの所で工事をしている人と話したら、南側に新しいトンネルを掘るそうです、九州の人で雪の多さにビックリしたそうです。月夜野を通過中、谷川岳がすっかり晴れて見送ってくれているようでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
危険な山、無理しないで回避で良かったです!
安全を確認してから?再チャレンジして下さいね。

三国山はニッコウキスゲの頃に一度歩いただけですが、展望も良いし雪山でも割と楽に行けるのでしょうか?
トレースが無いと登山道が分からなくて大変でしょうね。
orihime
2017/03/28 17:09
orihimeさん こんにちは。
危険な所はよく調べてからにします、雪崩は怖いですものね、那須の事故で雪崩のメカニズムが少しだけ分かった気がしました。
三国山があれ程良い所とは思いませんでした。雪山としても短時間(往復3時間半)、安全な山です。登山道は夏道を気にせず近くを登れば良いと言う感じですね、スノーシューかワカンが必要です。
夢創歩
2017/03/28 17:26
十二社ノ峰へは川古温泉から尾根に登った方が地図では良さそうですが、やはり千曲橋方面に行き途中から登った方が楽です。私は松ホドは行ったことはありませんが、私の山友は小出俣から松ホド・十二社ノ峰を縦走しています。
インレッド
2017/03/28 21:53
インレッドさん こんにちは。
十二社ノ峰を狙うのに川古温泉の上の666m付近から取付ければ楽かと思うのですが取付るかどうか分かりません。先日の土曜日は前日の積雪があったようで千曲平から小出俣山の行った人がいましたが早々に敗退したそうです。千曲平までで2時間掛かったそうです。大雪が降った後は無理ですね。
また気持ちが充実したら試してみたいです。
夢創歩
2017/03/29 16:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
十二社ノ峰敗退・三国山2017.3.25 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる