夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 二子山2017.5.23

<<   作成日時 : 2017/05/26 22:47   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

赤岩峠から八丁峠まで赤岩岳を縦走しようと朝早く出かけたが、何と八丁トンネルの林道は崩落の為通行止めになっている。中津川からなら回り込めるようだが、かなり遠いらしいと下の民家で聞き、それなら面白そうな二子山に行ってみようと思った、だが赤岩岳の地図やgpsのルートは入っているが今日に限って西上州の地図も持って無い。去年山友のkyouさんが行ったのを見て記憶があるが鎖を付けて外したとか、危険な箇所があるような??。坂本の登山口に路駐して埼玉県警に登山届を携帯で送信して登りにかかる。

登る予定だった赤岩岳の稜線p2だろうか
画像


地図の代わりに撮って
画像



新緑の沢沿いの道を緩やかに登ると陽が差し込み、天使の階段が見える、
画像


何とも気持ちがいい。きれいに枝打ちされた杉林が見事だ、
画像




こういう杉なら高値で売れるのだろうが運び出しが大変そう、杉から広葉樹に変わった頃にコルが見えて来た、
画像




股峠とローソク岩への分岐だ、どっちへ行こうか迷ったがローソク岩に向かうと声が聞こえるような気がした。途中誰にも会わないし火曜日で今日はこの山自分一人と思っていたので、空耳だろうかと進むと岩の下に出て、そこに岩登りをしている山ガールが二人、今まさに懸垂下降で降りてきた。
画像




びっくりだったがどうも岩登りに向いている岩場のようだ。先に進むと峠とローソク岩の分岐があり、上に登ると道が怪しくなって方向が分からない、また人の声がするのでそっちに行って見ると4人でロッククライミングをしていた。そこから上まで岩伝いに登れるそうだ。

戻って登るとローソク岩への道が何故か今度は見えた、
画像



その時はそこがローソク岩の上部とは気が付かず岩を斜めに走るバンドが見え、あれを行けば上の岩稜まで行けるだろうかと登ってみたが20m弱で行き止まってしまい、振り返るとローソク岩が確認出来た。このバンドの登り30cm位で危険なので岩に掴まって登ったのだがザックの横に刺したストックに押され一瞬危なかった。ストックは縦でないと岩場は危ない。
画像


画像


バンドを降りローソク岩を中頃まで登ってみたが危険すぎると思い断念した。岩稜の下側を西へ西へと進み、やっと端の登り口を見つけた鎖が付いている、掴まなくてもあると安心だ、

ローソク岩、中辺まで登ったが危険を感じやめました
画像


見つかった取り付き
画像



ここからは岩に黄色のペンキが目に付くようになっていた。岩でゴツゴツの稜線歩きは見晴らしが良くて良いのだが気が抜けない、
画像



巻道もあるが出来るだけ岩の上を通過して東へ東へと進む。北の方から車の音、みたらセメントの切り出しの様だ     秩父セメントの叶山
画像



、ピークらしき所が見えここが西岳、先のピークが東岳かと思ったが、西峰と中央峰(西岳)さらに岩稜を進むと二人の登山者と行き会った、東から西の様子、東方面は危険な所があると教えてもらった。
画像


画像


岩の間にフデリンドウが咲く
画像


画像



東岳と間違ったピークが西岳(1165m)の道標があった。
画像



その一つ先のピークで昼食休憩していると東側のピークで若者が二人岩の上でポーズをとっているので写真を撮った。私の所に来たのでヤマレコに載せるよと1枚写真を撮ったが見られるだろうか???
画像


昼食後、その先のピークに行くと下からクライミングで登って来た二人が休んでいた
画像



、ローソク岩の所から今いる所にクライムで上がる様だ。
画像


画像



そこが西岳の東の端で巻道を下への上級の道があった、自分が上級かどうかは分からないが下ってみる、90度以上ある場所もある岩場で鎖はないが適当に1段1段と立てる場所があるので一息つけるのが嬉しい、岩も掴みやすい岩で角度の割には通過し易いと思った、木に札があり鎖を設置した人のコメントがあった、
画像



不評なので外すが気を付けるようにと書いてあった平成19年の記述。鎖は使う使わないは別に有った方が安心感はかなり違うと自分は思うがどうなんだろう。

面白い岩場を下って股峠に岩場の事故が多く上級者以外は巻道を行くように注意書きがあった平成13年記述だ。
画像


降る途中で見えた東岳
画像



さらに東へ進み東岳に登ったがこちらは1峰のみだが振り返るとさっき降りた西岳が見事に切り立っている。
画像



東岳のピークはこじんまりした山頂だった。 途中の岩稜
画像



1休み後下山する、こちらも岩場があって面白い山だが、濡れている時は登ってはいけない山と思う。

地図で調べてみたらセメントの山は太平洋セメント叶山鉱山で、群馬側から西秩父林道で股峠へ30分の所に駐車場があるそうだ。思い掛けなく二子山に登れて満足して家路についた。

股峠の下に2輪草の群生地とあったが咲いていたのは2株ほどだった。
画像


帰りの車中から見えた二子山 あんな所を登ったんだと感激です
画像


ローソク岩の辺アップ
画像




今回の歩いた地図

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
赤岩峠へは群馬の天丸山へ行く野栗沢からも行くことが出来ますよ。以前は赤岩峠の下にあった金鉱へ(今の日窒工業)群馬の上野村や中里村の方が出稼ぎに通い、金鉱へ群馬から物資を運んだ道です。以前の台風で沢も道もかなり荒れてしまいましたが、県境の山に興味があるのならば、そこから登って見たら如何でしょうか、ちなみに私は一度だけそのコースを登った事があります、上部に雨量計があればすぐ峠に着きます。
インレッド
2017/05/29 20:10
インレッドさん こんばんは。
ありがとうございます。天丸山は去年行った事があります、天丸橋から先にトンネルがあるように書いてありましたね。
雁掛トンネルの先が落合橋のようですね。あの廃村になってしまった所で群馬県人が働いでいたんですね。県境歩きは挑戦してみたいけど全部は到底無理ですが部分部分でも面白そうですね。
夢創歩
2017/05/29 22:29
赤岩峠へはスリバチ荘の先を右にまがり天丸山方面に行くのでは無く、スリバチ荘の先を直進して沢沿いに行きます。林道の終点付近に車を置いて登ります。従って雁峠方面とは違います。
インレッド
2017/05/30 19:59
インレッドさん こんばんは。
天丸トンネルを使って行けるだろうかと調べてみました、秩父農林振興センターのhpで見ると上野大滝線は7月まで通行止めの様です。
また開通したら行って見ようと思います。心配頂きありがとうございます。
夢創歩
2017/05/30 21:14
通行止めなんですね。
二子山は二度ほど行きましたが、一回目は鎖なし、二回目は鎖が付いていました。
そしてまた鎖をはずしたんですね。
私は怪我と弁当は自分持ちと教えられましたが...。
いろんな意見があるんですね。
情報、助かります。
chiaki
2017/05/31 20:33
chiakiさん こんにちは。
この山はロッククライミングのゲレンデに向いているのでしょうね、岩がつかみやすい感じがしました、それでもとんでも無い所にアンカーが打ってあったりして、どうしてあんな所に登れるのか不思議です。一般道は気を付ければ鎖無しでも大丈夫ですね、でも有った方が行き安いですよねー。

巻道があるので多分そのままにしているのでしょうね。
夢創歩
2017/06/01 17:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
二子山2017.5.23 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる