麻苧の滝から丁須の頭へ2018.12.1

何時だったろう、モミジ谷のオフ会でchiakiさんから一緒に行こうと誘われていた横川の麻苧の吊橋を渡って御岳コースに行って来ました。上級のランクと昭文社の地図に紹介されてますが実際に歩いてみて籠沢コースよりは難易度が高いと思いました。特に1か所鎖のない岩場は登るにしろ降るにしろ、かなり注意が必要です。

画像


朝予定の8時ちょうどにスタートしました。

吊橋を渡って、そこが登山口
画像


整備された階段の道を登ると七福神が迎えてくれます。安全祈願して手を合わせ、進むと麻苧の滝が右手み見える。


麻苧の滝は今の時期水量が少ないが、大きさから水量が多い時は見事なんだろうと思われる。
画像


そこからすぐに鎖場が手強い
画像



追い越していった3人、足が速くとても付いていけません。
画像


歩きだしからきつい鎖場、急坂に手も使いながら登り高度を上げると、やっと普通の登山道になりました。


空に飛び出すようなサンゲ岩
画像



サンゲ岩から下をみると横川が箱庭のようだ、岩の先までは怖くて行けません。
画像



なだらかな尾根をアップダウンしながら高度を上げていくと産泰山の石碑と古い道標、山頂とは思えないような尾根の途中です、そこからも横川の電車が通るのが見えました、上には榛名の山並み、尾根は急激に切れ落ちてますが木があるので恐怖感はありません。産泰山から御岳が高く見える様になり、なおも進むと

大きな岩が現れる。
屏風岩のような根元の鎖に掴まり登ると
画像



鼻曲山と浅間隠山が見えました
画像



少し進んで着いたピークが御岳の祠に手を合わせ(10時20分)
画像



ここで初めて丁須の頭が見える、白雲山、金洞山も近いです。 この尾根をアップダウンで丁須の頭へ
画像


手掛かり、ステップが無い鎖場は仕方なく腕力で登る
画像


この後3連の鎖場を超えると一番難関な岩場が待ってました、最初はすぐ登れるだろうと取り付くと体が降られ思うような所にステップ、ホールドが無く、少し慌てました。


籠沢のコルに着いた(11時)
画像



籠沢のコルからは3度目です。鎖場を何度か登ると
画像



丁須の頭に到着だ、若者が登っている。 この若者3回登り降りをしてました。
画像



私も年甲斐もなく登って見たい衝動にかられましたが、いやいや止めようと今回も自制しました。

一つ下の岩峰で撮ってもらった カメラの受け渡しも含め3度往復、あの細リッジをしましたが帰りの方が怖く1度
振られて慌てました。(年なのかなーと)
画像



下を見れば、こんなふうですねー。
画像


2つ下の広いステージの先で表妙義のギザギザを眺めながら昼食を食べ、望遠レンズにすれば大きすぎます。

目の前に金洞山 アップにすれば人が見えるかなー??
画像


白雲山 相馬岳の北稜を登るコースがあるらしいが・・・・
画像



烏帽子岩と谷急山も近いです。
画像


木曜日には真っ白だった浅間山、2日間でこんなに溶けてしまった。
画像



下山は鍵沢コースで降ります、短時間で下れるようだが以前通行止めの時もありました。さぁー降りましょう。
長い鎖を何本も降って一気に高度を下げ、沢のコースをペンキマークを頼って降ります。


落ち葉の沢を踏んで、途中から右岸に歩きやすい道になり、第二不動を渡ると左岸の道になる。
画像


不動の滝はえーこれがと思う程小さい滝でした。しばらく楽な山のトラバース道、これでもう終わりと思っていたら横川の町が見え音が聞こえてくると、かなり高度で眼下です。ここに大山祗神の祠があったようだが見落としました。そこからが鎖、ロープ、ハシゴの連続で岩場以外でこれほどの坂は初めてです。約20分らしいですがもっともっと長く感じる降りでした。

最後の急坂には驚いた
画像


急坂を降りればすぐに登山口です。古い黒塗りの道標がありました。

吊橋を渡って終了です。
画像



登り3時間、下り1時間40分位でしたがスリルがあり面白いコースでした、今度は逆に鍵沢コースから辿ってみたいです。

この記事へのコメント

2018年12月04日 19:06
ここは一度だけ登りましたが、そう何度も登りたい と思うコースでは無かったので、それ以後は登ったことはありません、丁のテッペンにはアブミ用のザイルを使って2度ほど登ったことがあります。
2018年12月05日 20:33
インレッドさん こんばんは。
コメントありがとうございます。
御岳、鍵沢コースは鎖場が多く私にはちょっと面白かったです。初めてのコースは新鮮で緊張します。並木沢から三方境も道があやふやでルートファインディングぽいのがいいですね。頭にはアブミのザイルを2つ使えば安全ですね、登ってみたいし行けると思うのを抑えるのが私的には大変です。僅かですがあのてっぺんはきっと景色が違うはずですね。
orihime
2018年12月06日 10:06
大満足の登山で良かったですね♪
大分以前、同じコース取りで一度歩きましたが、鎖場が多くヤセ尾根の岩場を緊張して歩きました。
妙義は地元なのでもっと歩きたいと思うものの、今は等身大で中間道辺りでのんびり眺望を楽しんでいます。
夢創歩さん、無理をし過ぎず挑戦して下さいね。
2018年12月06日 21:33
orihimeさん こんばんは。
このコースは少ないですが電車の人が丁須の頭へ行くのに登っているようですね。吊橋の降り道が分かりにくかったです。鎖場やヤセ尾根で緊張しますね、私は普通の登山道より岩場の方が好きです(登山道のですが・・・)まぁ無理すると落とされてひどい目に会いますので気を付けてます。ザイルを持つような所は行かない様にします、忠告ありがとうございます。(#^^#)、
2018年12月11日 18:17
40代の初め頃に御岳コースでのぼり、
入山に下って車道を歩いて戻りました。
あまり記憶がなくて、その頃は楽しく歩けたけれど、
私も中年になったので、
年々バランス力も無くなりますね。
裏妙義の記憶もチムニーしかなかったし。

夢創歩さんならまだまだ大丈夫だと思いますが、
お互いに気を付けて楽しみましょうね。
2018年12月12日 16:14
chiakiさん こんにちは。
コメントありがとうございかす。
丁須の頭へは3度目ですが、行く度に頭へ登りたい気持ちが強くなります。かなり危険でしょうが今なら何とかとか頭に登ったらきっと景色が違って見えるだろうなどと思えます。ダブルで階段状のスリングを使えば登れるなどと思いますが。。。危ないですよね。確かに少しバランスが悪くなったようです。チムニーは下りの方が怖いですね、あの高岩のチムニーにまた行ってみたいです、登れないだろうかなー?ソロだろうからアクシデントがあればアウトですね。(#^^#)、

この記事へのトラックバック