越後金城山残雪登山2019.4.20(土)

全く無知とは恐ろしい、たやすく登りやすい山と思っていた越後金城山。地図を見てロングでも楽そうな観世音参拝コースに行って来ました。結果的には登ってしまいましたが危険の伴う残雪登山で、多分雪の残る季節には再訪しないと思います。

五合目付近から目指す山頂を見る、あんな遠くまで行けるだろうか?9時時間はたっぷりあるが・・・
画像


石仏観世音参拝コース登山口
画像


歩き出しは整備された階段を登って行くとカタクリが登山道の脇にまだ眠そうに閉じています。石仏が辻々に幾つもあり、最近手が痺れ指先が痛いと云う妻に変わって石仏に触って痛みが取れますようにと祈ります。鯉のぼりの旗が立っているのが1合目の第一展望台、マンサクが咲いたばかりでまだ緑が残ってます、タムシバも見えだすと第二展望台には石仏が24体が2合目、その広場から今日の目的地金城山が遥か遠く見えました。

画像


画像


画像


画像



リボンなど見えませんが分かりやすい登山道を登ると今度はイワウチワの群生しています、長丁場なので少しだけ写真を撮り先を急ぎ、大きなアカマツの所が3合目でした。その先は少しづつ雪が現れ道が見えたり隠れたり、雪の無い所にはショウジョウバカマの群生も見えます。急坂の雪の切れた所にロープが見えます、雪が多くなった所でアイゼンを履き雑木を漕ぐように登ると僅かで広い尾根になりました。後で分かったのですが5合目の尾根でした、


広く実に気持ちがいい大展望台の尾根を登っていくと左に八海山が見え始め近くのピークに反射板が尾根が続いているので向こう側の登山道の様です、
画像


左に八海山
画像


右に登る金城山
画像


右手には金城山が見えまだまだ遠く見えます。ヤセ尾根を越すと右に曲がる分岐点には高い位置にリボンが見えました、踏み跡が有るような無いようなですが尾根を登っているのでGPSを見なくても平気です、帰り道間違わない様に記憶します。進み登るとヤセ尾根のこんな所登れるだろうかと心配になる尾根になりました。

ヤセ尾根、ナイフリッジ
画像


画像


画像



行ける所まで行って見ようと雑木を利用したりで雪が切れた所には鎖が見え登山道という事が分かります。やっと危険地帯を通過して見えたのが1150mのピークでした。ここからの眺めがすごいです、守門岳、八海山、阿寺山、越後駒ケ岳、中ノ岳、十字峡、目指す金城山が近くなりましたが雪割れが進んでおりデブリなどは見えないので雪崩れる所では無さそうだが登れるか分かりません、途中までうねって尾根が続いておりその辺までは安全でしょう。

画像


画像



高度計を見ながら高度を上げ見上げると避難小屋(?)が見えます。
画像



角度が急になりますが尾根には樹木もあり踏み跡はアニマルトレースのみ登れそうな所を登り高度を稼いで、降り口になりそうな所にリボンをつけ稜線に上がったら何と山頂は見えなく崖の稜線です。

崖上の稜線を行く
画像


GPSをみると稜線を辿るようです、岩の雪庇を少し進んでみますが怖すぎて、左下の雪に逃げトラバースして進みましたが角度がきつく灌木も隠れ、どうみても危険過ぎ、登ってきた尾根に向かうカモシカの跡を踏んで何とか登り着いたところに戻り、山頂を諦めここで良いかと雪を削ってベンチを造ってパンとコーヒーで昼食タイム。一番高そうな所で写真を撮り

巻機山が近い
画像


割引岳からの稜線、奥の白い尾根は上越県境、下津川山も見える
画像


割引岳からアップ
画像


越後三山、右は他の小さい黒い線が避難小屋
画像


昼食タイムの場所、落ちたら一巻の終わりです。
画像


大源田山、谷川岳
画像


下山し始めるが、角度が緩むと山頂が気になって知らない間に尾根の避難小屋へ向かってました。再度急角度をピッケルを指して登り上げると避難小屋は何と大きな岩でした。

最初着いて戻った所から山頂までは登山道になってますが雪の時期は私には通過出来ません。その大きな家の岩から山頂までは雪原の広い稜線がゆったりで、小屋の屋根が少しだけ見えます、巻機山が大きく目の前で余りに大きく平標山仙ノ倉と間違えてしまいました。


埋まる避難小屋
画像


山頂と間違えた岩稜
画像


山頂風景動画
https://www.youtube.com/watch?v=G5CgMxkwUfY


割引岳から続く稜線には山頂に向かって踏み跡が見えました。見事な山頂ですがゆったりも出来ないので一回り動画を撮ってすぐに下山します。安全に降ると判断してアイゼンの上にワカンを履き角度がゆるい所を選び登って来たコル辺を目指し降ります。

降って見上げる山頂方面、あれは小屋と間違えるよねー
画像


自分の踏み跡が見える尾根に着き一安心、さらに1150mピーク下でワカンを外し
画像




危険地帯の尾根を慎重に下ります、灌木の上の雪は見えても薄い所は踏めば落ちます、灌木に掴まり藪を漕いで下り危険地帯を通過しました。尾根の向こうに坂戸山
画像


よく行ってきたなーと かえりみる金城山
画像



後は気楽に雪原を楽しみながら広い尾根から登て来た山頂を振り返れば、よくあそこまで行ってきたと感慨にふけり雪の無い所に5合目の印を見つけました。広い尾根から雑木の登山道が少々やっかいで道が見えたり消えたりです、黒い雪が登山道の上と想像し下れば雪が消えショウジョウバカマの群生地が見えました。
画像


画像



画像



画像


画像


2合目石仏と金城山
画像


イワウチワの群生も見え目を楽しませてくれます。3合目からは花三昧を楽しみ見ながら下山しました。
朝は眠っていたカタクリもすっかり開いて
画像



画像



登山口前の田んぼのあぜ道でフキノトウを見つけ手いっぱい拾って家路につきました。
ヤマレコ アドレス
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1803210.html

番外編
カメラ練習
画像



画像


家の近くで浅間隠山に沈む太陽 トリミング
画像

この記事へのコメント

2019年04月23日 19:25
このコースではないけれど、金城山、私は晩秋に登りました。
沢コースで登りぐるり回った記憶がありますが、
なにせ30代後半くらいだから、十数年前。
鎖とかがあった記憶があります。

凄いですね、無事で何よりです。
麓は可愛い花が咲いていて、癒されますが、
どきどきしながら読みました。
2019年04月23日 21:24
chiakiさん こんばんは。
秋の金城山はいいらしいですね、次回は安全な秋に行って見たいです(;^ω^)(#^^#)。いっぱいコースがあるようですが、雪山は調べてみると撤退している方が多いですね。怖がりなので後から思うと恐怖感が蘇ります。坂戸山よりは花が少ないです。
orihime
2019年04月26日 11:02
お疲れ様でした~
手強い雪山、頑張りましたね!
ご褒美に素晴らしい景色が見られて良かったですね。
金城山は以前初夏と秋に歩いていますが、標高の割にはタフな山でした。
紅葉が素晴らしい山ですよ~


2019年04月26日 22:17
orihimeさん こんばんは。
いやーこんなに大変な山は知りませんでした、秋は紅葉が素晴らしいようですね、皆さんの秋の模様を覚えていたのでしょうか??、山頂の景色は他で見られない山が見えてすごく良かったです。秋に清津峡と合わせて再訪してみたいです。

この記事へのトラックバック