真似して小黒檜山のつもりが2019.12.14

先週インレッドさんが閉鎖前の道から小黒檜山を目指し、途中の尾根から展望台に登ったブログを見て、赤城で唯一残っている未踏の小黒檜山へと行ってみたが、大変な山になった。いつでも戻ればいいと決め、gpsにルートを五輪峠から作り、黒檜登山口に降りるか、登ったルートを降りて戻るか両方を思いスタートは五輪峠にした、祠の階段を登って安全祈願して行く。

祠の前は綺麗に刈はらいがされて続いている、こんないい道があるのだろうかと5分ほど行くと大沼の方に下っているので、まずいと思いルート通りにと戻り笹の中を進む、背丈ほど伸びた笹は歩きにくい、gpsにルートは入っているが地図を切り出してgpsに入れようとしたが何故かカシミールでエラーになってしまい、仕方なく地図は印刷して持って来た、gpsに地図が入ってないので要領が悪い、地図とGPSを見比べ天気見通しは良いのでGPSのルートを追う。

歩き始め笹の中を進む
IMG_5899.JPG

ビニール紐のルートを追ってみた
IMG_5901.JPG

木の枝につかまり、沢を降る
IMG_5904.JPG

沢は登れそうにない、左に活路を
IMG_5907.JPG

僅かに残っていた霧氷
IMG_5914.JPG

上にリボンが見えた
IMG_5910.JPG

登れそうな所を拾って尾根へでる
IMG_5908.JPG

疲れて一休み、右に白い稜線が見えた

IMG_5912.JPG

下には大沼と鈴ケ岳、道路が見える
IMG_5911.JPG


少し進むと尾根に出て右の方に道らしき刈り祓いされている所が見え、楽な方へそれを辿る。笹が無くなり変わりにビニール紐がずっと貼って有り、古いテープも見える途中から左にトラバースするのが予定のルートだが紐を辿って少し登って見てだめだったら戻れば良いと進む、今確かめてみると僅かで猫岩付近になっていた所だった、岩場になり高度を稼ぐが方向が黒檜山頂を向いていると思い、戻れば良かったのがが、高度を下げるのが嫌で左の小黒檜山へのコルを目指してトラバースする、何処かで印刷した地図を失ってしまい、以後の頼りはgpsと感だけだ。
(いつでも戻れば良いと思っても今まで戻った試しがない、いつもトラバースして高度を下げずに稼ごうとするのが自分の悪い癖です)


岩場の急登になり尾根をそのまま上に登るか左にトラバースか迷うが危ない方の岩場を越して左に進むと沢の急坂になった、一旦危なそうな沢に降り登り上げるが、左に進みにくい感じがして尾根に登りあげようと、行けそうな所を拾って明るい尾根に近づくとピンクのリボンが見えた。もう降って戻るより登り上げる方が楽だろうと急坂にあえぎながら、笹や木に掴まりながら上を目指す、疲れて腰をおろせば下に大沼と鈴ケ岳が下に見え木々の間からは谷川の稜線が真っ白に輝いていた。

一休みすれば元気が出てまた上を目指し途切れ途切れのリボンを頼りに登り上げ3時間もかかって何と黒檜山頂だった。
人の姿をみれば人里に戻った気分だ。
IMG_5916.JPG

期待の霧氷は昨日はいっぱいだったようだが落ちた霧氷の雪があるだけで展望台への道は溶けてドロドロだった。アイゼンは付けずに通した、展望台にはいっぱいの人が休憩をとっている。スペイン語?で赤城の説明をしている外人がカメラの前でしゃべっていた。輝く峰々を写真に収めさぁ、
展望台から谷川の稜線を映し
IMG_5918.JPG


見える目的の小黒檜山に行くかは決めず少しだけ降ってみようと降り始める右往左往するが道らしき印は見えない、歩きやすそうな左側にでると尾根が狭くなり古いテープが見えた、薄ーい道らしき踏み跡もすぐに消え、また現れるが尾根が狭いので迷いはない。


最初の予定では五輪峠から小黒檜山へ登り、尾根を辿って黒檜の展望台へのコースだった、そこまでルートに入っている、gpsをみながら分岐点辺を探しながら降る、尾根から下へ獣道か登山道かわからす尾根をはずれるとルートを外している、また尾根に登り上げルートに戻るが僅かだ。印はほとんど見えない、しばらく行くと尾根に爺黒桧2017の看板が木に付けてあった。
IMG_5924.JPG

あと少しで小黒檜山だ、手前に赤いリボンが目立ってついている、その下にも付いているようだ、帰りに確かめてみよう、やっと目的の小黒檜山初登頂だ。
IMG_5926.JPG


木々の間から展望台を見上げる
IMG_5925.JPG

反射板は皇海山の方を向いていた
IMG_5930.JPG

上州武尊と至仏山
IMG_5928.JPG

風もなく割と暖か静かな山頂で廻りをカメラに収め遅い昼食を食べ下山する、山頂下に斜めになった石仏に安全を願い手で摩る。


少し下って赤い目立つリボンはどうだろうか、予定ルートより手前から降り始めているが印は明瞭に続いている、しばらくリボンの印に従って笹の道は滑りやすいが踏み跡がありリボンがあれば道なき笹を漕ぐより何倍も楽に進める、
IMG_5939.JPG


途中尾根で下るのかまだ進むのか不明になるが下の方で車の音が聞こえ近くに道路があるようだ、尾根を降りまた見え始めたリボンを辿り、45番カーブの道へ降り立った。
IMG_5940.JPG

黒桧橋を渡った所から道があったが???
IMG_5942.JPG


道路を20分歩いて五輪峠に着いた
IMG_5944.JPG


ぐんま百名山最後の錫ケ岳の道も大変だったが小黒檜山の今回は距離の違いはあるが同じよう、むしろ間違ったのがわるいのだが危険な岩場や急登は錫ケ岳以上だったかも知れない。やっぱり冒険は面白い1日だった。

トラックルート、ヤマレコは以下です。文はほとんど同じです。

"真似して小黒檜山のつもりが2019.12.14" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント