天城山(百名山1座追加の誘いにのって)2019.12.21

山友から天城山に登って今年最後の百名山にしようと誘いがあり、一人では行けそうもない山だけに断る理由が有りません、大喜びです。
道中が長く手持ちのネクスコ東日本高速道路の地図もよく分かりません、熱海ではサーフィンを楽しむ黒い人が大勢いて、この時期にこれ程の人がと驚きでした。

伊豆高原ゴルフ場から歩き出します。

IMG_5971.JPG

整備された登山道を下り気味に進めば四辻から登りに汗が出てきます、馬酔木がいっぱいとは聞いてましたが最初から最後までほとんど目に付くのは馬酔木の木やトンネルでした。四辻から万二郎岳ー万三郎岳の周回コースで万二郎岳まで登ればあとはアップダウンは少ないとの情報でした。
IMG_5972.JPG
遠く目的の万三郎岳が見えた。
IMG_5979.JPG


ところがどっこい、万二郎岳の急登にあえぎ登れは、その先は岩の急坂目的の万三郎岳は遠く高く見えてます。

ありゃこれは結構アップダウンがきついぞと、それでも山友と3人話しながらキョロキョロ景色を見ながらなら気楽なもんです。馬の背で万二郎岳を振り返り見れば海まで見えます、反対側に富士山が真っ白に大きく見えて木々を避けてカメラに収めます。


IMG_5986.JPG
万二郎岳から海が見えた
IMG_5977.JPG
最初に見えた富士山に声をあげる
IMG_5994.JPG


賑やかな声に山頂が近いかと思ったら学生の団体が反対周りで降りてくる所でした。シャクナゲの文字は見えるが木は余り有りません、秀麗な富士山を探し探し登れば万三郎岳、天城山山頂でした。バナナで乾杯
IMG_6014.JPG


午後1時頃で誰もいない山頂わら氏らで独占して昼食を食べ始めると二人登ってきました。スタートの駐車場はいっぱい車が有りましたが意外とスルーする人は少なかったです。

帰りも富士山を見つければカメラに収め喜び時間を使います。
宝永山の火口がよく見え大満足です。
IMG_6008のコピー.jpg

帰りの道路を思い降りならと急ぎ下りますが掘れた階段の急坂はスピードが上がりません、急坂下りが終われば平坦なトラバース道と思っていたら意外と歩きにくい所が多く足を使い攣りそうです。2時間のコースを15分ほど早めただけの降りでした。

意外と大変だったトラバース道
IMG_6026.JPGIMG_6020.JPG


暗くなる前に伊豆スカイラインからターンパイクに乗りたいのすが車に乗ったとたんに霧が巻いて運転が大変そうです、伊豆スカイラインは往復なら500円割引券があったようですが知らずに残念でした。帰りは順調に小田原厚木道路に乗って行けそうと思ったら圏央道で事故があり全く進まない渋滞にはまり通過に1時間半もロスには参りました、渋滞部分は運転を代わったのですが友が一緒で離しながらなので長い渋滞もかなり楽だったのが救いでした。そんなトラブルもけがなく無事に家に着けたので、すべて良しの今年最後のコラボでした。







我が家の小さなモミジが今年はいい色になってます、レンズをつかって撮ってみました
IMG_5959.JPGIMG_5970のコピー.jpg
色合いは加工してあります。

IMG_6039.JPG

"天城山(百名山1座追加の誘いにのって)2019.12.21" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント