夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大ナゲシ(クラブ山行)2015・10・24

<<   作成日時 : 2015/10/27 18:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

クラブの例会山行に参加しました。
今日はサブリーダーを仰せつかり、列の先頭を歩きます、大ナゲシは危険な山の認識が有り行けるなら一度は行ってみたいとは思っていました。
誰か一人位経験者が居ると思ったら皆初めてらしく、自然と力が入ります、小倉沢の道路わきに車を駐車jして、鉱山の廃屋がたくさんあり、その中を進むとちょっと判り難い登山口、後ろを気にしながらゆっくりと登ること1時間とちょっとで赤岩峠、途中杉の林を抜けると広葉樹となり、今盛りに色づいた木々が実に気持ちいいです、天気は上々この上無し、少し暑い位です。
赤岩峠の木々の間から見える目的の大ナゲシ
画像



鉱山の廃屋を通り過ぎると
画像


登山口にある看板
画像


杉林を抜けると
画像


きれいな裏妙義の様な雰囲気
画像


赤岩峠、ここがあの怖ーい赤岩尾根の取り付き口になるようです、こちらもいつか行ってみたい所ですが今日は反対の西に向かいます。
画像





いきなりの岩場ですが鎖、ロープは無く木や枝はは少し遠く、登りはともかく降りは危険を感じました、全員無事に戻らねばなりません。25m位の登りはストックを締まって登りました、目的の大ナゲシが木の間から急峻な姿を見せています。
画像


画像



真横のピークから急坂を降ってしばし歩くとコルに出ました、いい休み場で一息入れます。
さぁー行きましょうと歩きだすとすぐに岩場、鎖とロープ、うーんどっちだろうと見ていたら、今日唯一の山で会った人が降りて来ました、左の鎖でないと足場が無く登れないそうです、良い所であってラッキーでした。
画像



手掛かり、足場は割としっかり有り大丈夫そうです、下りの事も考えながら登ります、ネットでは鎖2本と見たのですが、7本位あったでしょうか、トラバースですっぱり落ちた所も通過しますが、角度は少なく大丈夫、みなさん元気に登っています。それでも直前に見たネットより手強い感じがしました。
画像


画像



僅かで山頂に着きました、展望もばっちりで中々上等の山頂です、向うに赤岩尾根がギザギザとその向こうに八丁峠からの両神山が見えます、反対側には天丸山、大山から帳付山が連なっています、私らで占領の山頂で昼食を食べ、この満たされたひと時を満喫しました。
画像


静かで私ら独占の紅葉路
画像


画像


仲間の人が美味しいパンを焼いて持って来てくれました、クラブはこれがうれしい
画像


帰りはピストンで戻りますが峠ねの最後の岩場だけ、20mザイルを持って行ったので使って降りました。ザイルの団子結びを忘れてしまい、仕方なく一つごと先を通してこぶを作りました。皆鎖場が楽しかったと怖さから解放されて皆さんが嬉しそうでしたので、

帰りも紅葉の林を楽しみながら
画像



画像



画像


初のサブリーダーでしたが満足な一日でした、帰り道は道中来る時と違って道が混んでいて、自分が想定していた時間より掛ってしまい、夜土合の駅で長野の山友と待ち合わせていたので、少し焦りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ
サブリーダーお疲れさまでした。
大人数での赤岩峠から大ナゲシは大変だったろうと思います。無事責任果たせてよかったですね。
私は18年ほど前に赤岩尾根経由で歩きましたが、その時はまだ道も不鮮明であれっどっちかな?ってところが沢山ありました。
でもそのくらいのほうが山は面白いですね。
kyou
URL
2015/10/28 20:42
kyouさん こんばんは。
昔はロープも鎖も無かったとか、道も踏み跡も見えなかったのでしょうね、ザイルを持つ必要と看板に書いてありました。
赤岩尾根はもっと大変なんでしょうね、怖いもの見たさで行ってみたいですが・・・一人ではと躊躇してます。
今はGPSでポイントを入れれば行けますが、踏み跡が少ないと緊張しますが下山後は満足感が違います。
夢創歩
2015/10/29 22:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大ナゲシ(クラブ山行)2015・10・24 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる