夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大山、天丸山206.12.7

<<   作成日時 : 2016/12/08 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

9時前になって、やっぱり山に行きたいと出かけました。
以前から気になっていた大山、天丸山、帳付山、11時スタート時間がないので帳付山は行けません。天丸橋の駐車場には1台停まっていました、私とこの車の人のみの静かな山になりました。

天丸山から大山を見る
画像


画像


最初は大山へ北尾根コース(破線)から登る予定だったのですが地図で見える支沢が分かりません、仕方なくテープ案内がいっぱいある沢コースから登りました、沢から尾根に上がり、広葉樹が落ちて前にこの様な所を歩いた憶えが蘇ります、碧岩大岩に似ています。

画像


画像



アルミ梯子から沢を離れます
画像


大山、天丸山の分岐は下の方上に尾根が見えます、大山に先に行きます、
画像



大山はすぐ上でたやすく登れました、そこに北尾根に降りる道でしょうか?リボンが見えますが、これから天丸山が待っているので下る訳に行きません、昼食を食べてから天丸山へ向かいます、リボンを追って降りると途中で見失ったりして、気が付いたら分岐まで戻っていました、

山頂から浅間が見事
画像


八ヶ岳が遠い
画像


奥秩父の山々
画像


赤岩、大ナゲシ、向こうに両神山
画像


大山を降りて見上げる
画像



あれー損した尾根に降りれば良かったのにと・・・、また少し登り返して倉門山への尾根を登り、下り天丸山へ向かいます。

天丸山は太いロープとかなりの角度の壁
画像


画像


画像


天丸山はちょうど碧岩や大ナゲシの様な感じで目の前にどーんと岩が迫っています、ロープを目印に長い急な壁を登ると山頂に、山頂は狭く小さな祠と道標三角点、見通しはよく有りません。北西に少し下ると大展望の見晴台があり、その足元はスッパリ切り落ちてます。西上州から浅間山が大きい、八ヶ岳、御座山、三角の山は小川山でしょうか?、南東には赤岩の峰が両神山へ、手前に大ナゲシ、素晴らしい景色です。

画像


画像


帳付山、諏訪山が近い
画像


しばし展望を楽しみ、下山を急ぎます時刻は2時馬道を下るか、来た道を戻るか迷いましたが馬道は楽らしいのですが、林道歩きが40分残るらしく、来た道を下りました。帰りはほとんど写真も撮らず下りましたので天丸山から1時間20分で登山口まで降りてしまいました。

登ってきた天丸山
画像


画像


画像


久しぶりの寂しい山の緊張感を楽しみました。ヘッドランプを持たずに来て、4時過ぎると暗くなる沢を降りるのは大変なので急ぎ下山しました。

天丸橋登山口で北尾根への支沢を探してみましたが、分かりませんでした、次回は北尾根を地図読み訓練しながら帳付山まで行ってみたいと思います。誰一人会わない山でしたが帰りの車中から大きなキジの夫婦を見ました。

天丸橋10:50ー大山12:30〜13:00−倉門山13:15ー天丸山13:40〜14:00ー天丸橋15:20

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ
北尾根への登り口はちょっとわかりにくいですね。
天丸山登山口からちょっと行ったところをよ〜く見ると、沢を横切るようにテープがあったと思います。
そのあとも、あれっこっちかな?と、迷いやすそうなところもありました。
その後もかなり急な上りです。

私は今日、二子山を歩いてきました。人っ子一人いませんでした。
だいぶ登る山が接近してきましたね。
そろそろどっかで行き会いそうな予感(^^♪
kyou
2016/12/08 19:41
kyouさん こんばんは。
あれ、二子山でしたか、私はまだ行ってません、そこも行って見たい一つです、ヤシオの季節以外は静かなんでしょうね。二子山も岩場が怖そうですね。
北尾根の登り口、気を付けてみれば分かりそうですね、かなりの急登は地図で分かりますが下りより登りの方が安全ですよね。
赤岩の縦走もしてみたい1つですがちょっと怖く気持ち悪いです。
夢創歩
2016/12/08 22:31
今晩は。
ここは以前、大火事があり、1週間ほど燃えていて、山も登山道も殆ど解らなくなりました。入口のすりばち荘あたりに「入山料」を払えと書いてある看板があったと思いますが。
そのためです、登山者の不始末で燃えたようで、山の持ち主が怒って、入山料  となったわけです。天丸山の山頂の木も燃えた跡があったと思います。
インレッド
2016/12/09 20:31
インレッドさん こんばんは。
平成7年12月27日の山林火災で壊滅的な被害を受けて登山道が崩壊しているので登山は遠慮して下さいとの看板が有りました、私は読まずに帰りに写真を撮ったのですが、台風の被害と思ってましたが家事だったのですね、道路に赤い文字で入山者へと何か書いて有りましたね、そうそう持ち主が??と書いてあったようなでした。写真に燃えた後のような木もありました、火事に用心も目に付きました、なるほどそういう事があったのですね。私はいつも火を使うので心したいです。
夢創歩
2016/12/09 22:31
静かな山独り占めでしたね。
この三山をぐるっと歩いたのは、アカヤシオの咲く季節でした。
秋の紅葉時も静かで良いですが、春先だと日が長くヤシオの花も綺麗なのでお薦めですよ。
orihime
2016/12/11 19:58
orihimeさん こんばんは。
返事が遅れてすみません。
やっぱりこの辺はアカヤシオの咲く5月初め頃でしょうかねー。今回は静かでいいですがちょっと寂しい山を楽しみました。
帳付山を登ってないので、また春先に行って見ます。
夢創歩
2016/12/15 17:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大山、天丸山206.12.7 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる