夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 十二社ノ峰、松ホド山2017.4.25

<<   作成日時 : 2017/04/26 15:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

ずっと気になっていた十二社ノ峰に行って来ました。出来るだけ早朝から歩きたいので川古温泉に夜着いて車中泊します。シェラフでそれ程寒く感じませんでした。4時半に起きて湯を沸かして朝食を食べて必要品ザックに入れ、ワカンとピッケルは括り付け歩き出しは5時15分でした。
先月はあれ程あった林道の雪はすっかり解けています。1時間余り林道を歩き千曲平橋の手前から取り付きますが、此処だろうと登り始めた尾根は手前でした、小さい沢を渡っていざ、間違いない尾根に取り付きます。

小出俣山へ続く稜線
画像



藪はそんなにひどくないです、笹が有る程度で痛い木も有りません。
画像


こぶの木
画像



最初は細く急登な尾根も登ると広い尾根になって坂が緩み楽に登れます。右に高く阿能川岳の尾根が見えます、オゼノ尾根はまだ下の方です。1000m位から雪が見え始め、
画像




藪漕ぎのアルバイトから解放されます、広いブナの尾根になり、大好きな時を感じながら登ります、木々の間から目指す小出俣山が見え始め何度もカメラを撮ります。
画像


少し離れた急坂を走り去る黒い動物、鹿では無い、熊です。カメラを撮る間もなく消えてしまいました
画像



念のため今日は熊鈴を付けて歩いてますが登りの時は余りなりません。やがて青空が見えピークが近い事が分かります。
画像


画像


やっと着いた山頂には三角点と木に山頂を示す札が有りました。
画像





眺望は余りよくありませんが、ちょっと広い山頂です。歩き出しから3時間半でした、どこまで行けるか分かりませんが時間はたっぷりあります、稜線を進んでみます、最初は針葉樹がある細い尾根でしたがすぐに広い平らな尾根になり、どんどん歩けます。
画像


画像


少しで雪庇の尾根になり時々切れる雪庇を越すのにすごい藪漕ぎになり、

尾根を振り返ると十二社ノ峰が遠く
画像



画像


巻いて行けない所もありシャクナゲを藪漕ぐ時は難儀しました
画像


画像


1本のシャクナゲを越すのに10分位掛かり着いたピークが松ホド山かと思いましたが手前のピークでした、
画像


クラックした雪庇の割れ目は下に10mもあり落ちたらアウトでしょう。
画像



このような雪庇はどの位安全なのでしょう、雪は閉まって安定していますが、雪庇から藪を登って藪尾根は進むのが大変です。
画像


前に一度だけこの尾根を秋に歩いた記録を読んだことがありますが、オゼノ尾根から小出俣山、十二社ノ峰の左回りのコースでしたが藪漕ぎでひどく難儀した記録でした。先月小出俣山から見たこの尾根の様子は怖さを1番感じました、左回りに下ったら行きも戻りも出来なくなると思いました。まだ進めそうなので雪庇や藪漕ぎで進みますと、そこに松ホド山の札が有りました、狭いピークでした。
画像




さらに慎重に進んでいくと雪庇がぐんと下がって先が見えません、危険を感じ左の藪を濃いで先の辺まで来るとやはり雪庇は無くて切れてます。     今回踏み抜いた所、背丈以上有ります。
画像



先の見えない雪庇と小出俣山、阿能川岳からの稜線
画像


谷川でしょうか
画像


やっぱり雪庇は切れて有りませんでした
画像


これは無理でしょう
画像


先の岩のピークがどうにも越せそうに無いです、右も左も巻くことも出来なそう、正面から岩を越すしかない様ですがクライミングの技術がいるように見え、岩の根元までなら行けそうですが、大きくダウンしている藪漕ぎを省略して撤退を決めました。

切れ落ちた雪庇の先端に乗り、1枚記念写真を撮って戻ります。
画像


画像



戻る稜線、高い雪庇にあるトレースが見えるが、ぎりぎりです。
画像


画像


画像


画像


自分のトレースがあるので楽に歩けます。十二社ノ峰に戻り昼食を済ませて、
画像



アイゼンをワカンに履き替え、木々の間から谷川の仙の倉、平標山を眺め11時すぎ下山します、雪の下山は早いです、雪が下からあればもっと楽に歩けるでしょう、
画像



林道から取り付き点は千曲平橋のすぐ手前、この左側から
画像


25番の札のすぐ先に尾根の先端があります
画像


中ほどからは雪が消え急坂を藪漕ぎして、どんどん降りました。念願の十二社ノ峰へ行けて良かったです。小出俣山からの縦走は無理と判断しました。残り行って見たい冬山は十字峡から桑ノ木山ですが来年でしょうか。



ヤマレコのアドレス
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1115637.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
やりましたね〜
念願の山踏破、毎回ステップアップの雪山ですね。
藪漕ぎも大変でしょうが、10mも有る雪庇の割れ目は怖いです!
今回踏み抜いてダメージ無く上がれましたか?
くれぐれもご注意して楽しんで下さいませ。

六万騎のお花、奥様と楽しまれ良かったですね。
私は25日に坂戸山と一緒に歩いて来ました。
orihime
2017/04/26 19:02
orihimeさん こんばんは。
ずっと気になっていたのですが勇気を出してやっと行く事が出来ました。縦走も出来ればと思いましたがあれは今の私一人には無理です。今回踏み抜いた所も覗いたら怖い位でしたが、幸いすぐに止められたので良かったです。
もう西上州の季節ですよね、近いのでまた会えるかもですね。(#^.^#)
夢創歩
2017/04/26 22:55
マイナーな静かな良い山をご存じですね。
私もこういう山に登りたいんですが、ソロでは行けず。
雪があるもう少し早い時期の方が良いみたいですね。
西上州のアカヤシオのシーズン到来ですね。
chiaki
2017/04/27 18:34
石楠花の藪漕ぎは足が地に着かず大変ですね。
もう少し早かったら少しは楽だったかも知れません。
あの岩場は遠くから見ても越えるのが大変そうです。
インレッド
2017/04/27 19:17
chiakiさん こんばんは。
雪山も人がいっぱい行っている所はまず心配ないですよ。
まぁ木曽駒の様に大きな山は残雪と天気を気にしなくてはですが。私も以前は赤城の黒檜が専門でした。西上州の天狗岩土曜日行く予定です。午後は雨が心配です。裏妙義の丁須の頭横川から行きたいですね。
夢創歩
2017/04/27 22:16
インレッドさん こんばんは。
やっと松ホド山まで行けました、やっぱりあの尾根を登るのが正解だったようです。こういう冒険が出来るのはインレッドさんのお蔭です、小出俣山からの縦走はガイドさんがいないと無理と思ってます。
夢創歩
2017/04/27 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
十二社ノ峰、松ホド山2017.4.25 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる