夢創歩の山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 八海山・花の山2017.6.20 No.1

<<   作成日時 : 2017/06/22 17:40   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ロープウェーの山頂駅から展望台から見る巻機山と魚沼平野
画像


未踏だった八海山へhagureさんを誘って行って来ました。当初の予定ではロープウェーを利用して山頂へ帰りは新開道を通って降るつもりでしたが、新開道の下山口とロープウェーの駐車場は離れていて1時間半の歩きが必要です。しかも新開道は今残雪が多くかなり危険と注意されました。
危険地帯の八ツ峰の迂回路も残雪があって通行不能だそうです。

駐車場で隣に止まった車を見ると倉敷ナンバーに驚き話しかけるともう1週間目で両神山、赤城山、榛名山、妙義山、昨日は巻機山へ行って来たそうです。越後駒ケ岳も行きたかったようですが天気が悪くなりそうなので今回は八海山で終了するそうです。その人はトシさん私らより少し若いです。トシさんのクーポン券で一緒にしてもらいました。


展望台からこれから登る八ツ峰方面
画像


最初はショウジョウバカマが迎えてくれます。
画像


木々の切れ間から、遥か遠くにこれから登る八海山が見えます。
画像



ヒメシャガはアヤメの1種でしょうか
画像


オオカメノキ、タムシバ、ムラサキヤシオが咲いています。
画像


アカモノもいっぱい
画像



女人堂の手前胎内くぐりの上にウラジオヨウラクが咲いていました
画像



女人堂の傍には何とカタクリが咲いていました
画像


薬師岳を見ると、何と急な斜面でしょう。
画像


1便目の乗った人は皆登山者で10人位、歩けは2時間半の標高差700mを7分です、展望台に登って晴れが約束された日にグルっと見渡します。巻機山、これから登る薬師岳、遠く浅草岳、守門岳、弥彦山が見えます。「三山を土産に死出の旅」と高頭仁兵衛翁が辞世の句で呼んだ越後三山、八海山を加えれば私も魚沼三山を登る事になります。
八海山は古くから神仏合祀の信仰の山で知られて多くの人に登られてきた山だそうです。屏風道から直接千本檜小屋に登るコースもある様ですが今回はロープウェーを利用して楽に登ります。


イワカガミがいっぱい見える様になりました
画像


ベニサラサドウダンも
画像


歩き始めからタムシバ、オオカメノキ、ムラサキヤシオが咲きイワウチワ、アカモノ、イワカガミ、タテヤマリンドウ、ミヤマカタバミ、ヒメシャガが咲き誇り若干どろどろの登山道を飾ってくれます。まだ残雪が残っている所もありますがしっかり踏み跡があり迷う事は有りません。女人堂手前の胎内くぐりが有りますが梯子を登るかなりの急坂です。登りあげた所のウラジオヨウラク、サラサドウダンが咲いています。女人堂の傍には何とカタクリが咲いて、シラネアオイが咲いています。


ずいぶん登って来ました、魚沼が遥か下です
画像


薬師岳が大きく前に見えます、雪渓を登りまた登山道へ急坂の後長い鎖を越えるとやっと薬師岳でした。鐘を叩き安全登山を祈ります


薬師岳手前の岩場(長い鎖場です」)
画像


薬師岳に今日の安全を祈ります
画像


中ノ岳が大きいです。
画像



倉敷のトシさん
画像


千本檜小屋と八ツ峰
画像



すぐに千本檜小屋ですがまだ営業前らしく無人です、前に行くとそこに屏風道からの道があり、下山禁止の看板がありました

荒沢岳が稜線に頭だけ出しています
画像


キバナスミレも咲いています
画像


八ツ峰の案内図
画像


最初の地蔵岳に向かいます、
画像


ミヤマキンバイが鮮やかです。
画像



いよいよ鎖場、よく見ると岩場には足の置き場が見えます。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八海山・花の山2017.6.20 No.1 夢創歩の山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる