妻の肺ガンその後


女房の肺ガン手術その後です。山には山菜採りに3度行きましたが登るのは無しです。

4/17 手術、午後6時になり堪らなく病院に電話無事終了したようだ。(手術が終わったら看護師から電話があるはずだった)

4/23  4/22胸膜癒着術を自己血液でやったが穴が塞がらず癒着術を薬をつかって処置した。先生と会話でき、様子が聞けた、食道や心臓の    転移は無かったそうで一安心する。

4/25  管が抜けたが意外と楽にならないようだ

4/26  リンパ管の病理検査で悪性が見つかった、ステージ3と言われる。

4/27 退院

5/4 退院一週間目、徐々に回復している、あおむけに寝られ、右下にも短時間寝られるようになる

体重は退院時49,6キロ、一時50,9キロになるが今は50,5キロ、体重以上に痩せているよう に見えるのが気がかり、リンパに移っているという医師の話が気になって時々泣いている。

5/9 右脇が痛いと言っている、7日病院で医師に聞いたら手術後の為だろうとの事、肺ガンは5,2㎝、リンパ節を17か所切って4か所に転移が  みつかったそうだ、T2bN2ならⅢāかⅡbのステージだろうか、4月28日来院してマーカーの血液検査をする予定、さらに

6月4日から抗がん剤の点滴注射をする、遺伝子を調べてあるのでどの薬が有効か分か っているそうだ。副作用が少ない事を祈るしかない。骨盤に見えた赤いマークは転移 ではないだろうとの事だった。

5/28 血液検査で手術前226だったマーカー数値が16に減っているそうで、今後さらに 減っていくだろうと医師から、肺のレントゲン 写真を見せてもらった、右の下2㎝位空いている、水が溜まっているそうだがよくある事なので心配ないそうだが、胸水で はないだろうか?

6月4日から抗がん剤の治療の化学療法が始まる予定です。3週間おきに4回点滴注射で行う そうだ、点滴注射をする部屋をみせてもらったら、余りに多くの人が点滴注射を受けていたのに驚いた。

欲目でステージⅡbかⅢāと思っていたが、ステージはⅢbだそうだ。驚きとがっかりです。

病気が分かるまえはこの年まで生きられ贅沢を一杯したので、いつ死んでも良いなどと言いあっていたのに、いざ相手の余命が近いとなったら出来る限り頑張って生きて欲しいと願う毎日です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年05月30日 20:09
その後どうされていらっしゃるかと心配をしていました。
どうコメントをしてよいのか、うまく表現できませんが。
ご一緒に過ごされる時間を大切に。

夢太郎
2020年06月01日 16:14
chiakiさん こんにちは。
あたたかいコメントありがとうございます。
ずっと書かなくてはと思ってましたが、どう書いていいのか分かりませんでした。多分楽観的にですが今は元気が出て来ましたし、すぐにどうこうも無いと思い願っています。最近は明るくしてくれているので助かります。

先日鹿俣山へブナ平からピストンしました。コシアブラの新芽頂いてきました。
今年はコロナ騒ぎで遠出がしにくいですね。
kyou
2020年06月02日 09:49
こんにちわ
いたわりの言葉、励ましの言葉‥
どのような言葉をかけていいのかわかりませんが、お二人で病に立ち向かってる姿を思い浮かべてます。
今年はコロナ自粛でさらに大変な闘病生活だったろうと思います。
奥様に一日も早く笑顔が戻るといいですね。
夢さんも闘病疲れで体調壊しません様、ご自愛ください。
orihime
2020年06月02日 17:45
ご無沙汰致しております。
コロナ騒ぎの中、奥様の入院、手術等で大変な日々をお過ごしでしたね。
今は退院されてお家で過ごされているとのことで良かったですね。
奥さまの体調の良い時に散歩など、ご一緒に楽しめるようになると良いですね。
夢さんの持前の明るさが、奥さまの何よりの励ましとなられることでしょう。
一日も早くお元気になられるよう、お祈り致しております。

鹿俣山歩き、久々に楽しまれたようで良かったですね。
夢太郎
2020年06月03日 10:34
kyouさん こんにちは。
励ましの言葉ありがとうございます。
明日から抗がん剤の治療が始まります、大変な治療らしく代わってやれないのが残念です。がんはいろんな治療法があるらしく、ネットで調べても追いつくのが大変です。掛からない様にするのが1番の方法だと分かりました、次に早期発見、早期治療でしょうね、と言ってもがん検診を自身受けるかはまだ未定ですが。。。。

1月以来で半年になり諦めというか踏ん切りも少しついているので、今現在は明るく過ごせてます。
山はまだ先になりそうです、長期戦になるのでしょうね。
コロナ騒ぎで思うように出かけにくくなってますねー。
夢太郎
2020年06月03日 10:47
orihimeさん こんにちは。
お久しぶりです、コロナ騒ぎで自由に山に行けなくて残念ですね、解除になっても他県またぎしないようにとかですね、群馬は幸いいっぱい山があるのが救いでしょうかねー。

病院もコロナでどんどん不自由になって来院者も少なかったですが先日28日は多かったです。入院中は面会も出来ず痛いと泣かれてもやるせなかったです。今は術後の痛みも消えて少し体力不足ですが散歩は一緒に行ってます。抗がん剤治療が軽くうまくいってくれればいいのになーと願っています。

様子をみながら赤城山位なら行ける時もあります、くよくよしても一緒なので明るく生活したいと思ってます。
またいつかバッタリ山でしたいですね。